これくらいは出来なきゃアホ!アホ!アポォ!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まず、人狼オンラインXの基本ルールを覚えないと、ぶっちゃけRPどころか普通にゲームもできねぇぜ!

じゃあそのへんは人狼オンラインXのヘルプからコピペさせてもらうぜ!くぅ~説明できちゃう俺って輝いてる!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人狼ゲームとは、プレイヤーが村人陣営と人狼陣営に分かれ、陣営勝利を目指すゲームである。

ある村に、人食いの人狼がやってきたところから物語が始まる。 
人狼は夜ごとに人間を1人襲撃して喰い殺すが、普段は人間になりすましていて正体がわからない。 
そこで村の住人たちは、皆で話しあって、人狼と思われる者を毎日1人ずつ処刑するという方法で人狼を退治することにした。

この設定のもとで、プレイヤーは任意のキャラクターに扮し、他の者と議論を重ねて勝利を目指す。 
村人側は、いかに人狼の正体を推理するか。 
人狼側は、いかに村人を欺き、正体を隠して生き残るか。 
「会話」という限られた情報の中で、その駆け引きを楽しむ。

 

【勝利条件】

村人側:紛れ込んだ全ての人狼を処刑する 
人狼側:村人を、人狼と同数以下まで減らす

※狂人は人狼側だが、勝利判定では人間としてカウントされる。 
狂人については後述。

 

【役職について】

ゲーム開始時に、自分の役職がGM(ゲームマネージャー)より通知される。 
他のプレイヤーには自分の役職は通知されない。 
ただし人狼だけは、他の人狼が 誰なのか通知されるのでお互いに認識出来る。 
それぞれの役職が何人いるかは一日目にアナウンスされる。 
特殊能力を持つものは能力者とも呼ばれる。 
*役職の振り分けはGMによる【抽選】で行われる。

 

■村人側

占い師

毎夜、更新前に指定した誰か1人を占い、その人が人狼か人間かを更新後に知ることができる。 
【人狼】/【人間】以外の役職まではわからない(狩人か、狂人か、などはわからない) 
その日の更新時間までに占い対象を投票する→更新後にGMより占い結果がDMで通知される。 
占い対象がその夜に処刑、襲撃されて死んだとしても占い結果は通知される。 
ただし自分が死亡した場合には結果は通知されない。 

霊能者

処刑された者が人狼か人間かを知ることができる。 
人狼に殺害された者は人狼でないことが確定しているため判定しない。 
【人狼】/【人間】以外の役職まではわからない(狩人か、狂人か、などはわからない) 
自分が死亡した場合には結果は通知されない。 
その日の更新後にGMより霊能結果がDMで通知される。 

騎士

毎夜、更新前に指定した誰か1人を人狼の襲撃から守ることができる。 
人狼が騎士に護衛された人を襲撃した場合、襲撃は失敗したことになる。 
ただし自分自身を守ることはできない。 
騎士が処刑された場合、その日護衛する予定の人物を人狼の襲撃から守ることはできない。 
その日の更新時間までに護衛対象を投票する→護衛成功or失敗は通知されない。 
犠牲者が出なかった場合「今日は犠牲者がいないようだ。人狼は襲撃に失敗したのだろうか。」とアナウンスされる。 

しかし、狼の騎士護衛偽装の可能性もある。

騎士は護衛日記を書くことをおすすめする。また、狼が護衛日記を書いて騙り出ることも自由である。

村人

何の特殊能力も持たない人間。 
村に複数登場(人数はゲーム開始時にアナウンスされる)

 

■人狼側

人狼

毎夜、更新前に指定した誰か1人(狂人含む)を襲撃し補食することができる。 
その対象が騎士に守られていた場合は失敗する。 
人狼同士はお互いを認識しており、別画面にて襲撃対象や作戦を相談し合える。 
人狼を襲撃することはできないが狂人を襲撃することはできる。 
狂人が誰であるかは知らない。 
その日の更新時間までに襲撃対象を投票する→成功すると更新後にGMより「○○が無惨な姿で発見された」とアナウンスされる。 
襲撃対象は毎夜一人なので人狼同士で統一すること。 
(人狼が別の人間を襲撃対象にした場合は、最後に投票した人を有効とする)
人数はゲーム開始時にアナウンスされる

狂人

人間でありながら人狼に味方する者。 
特殊な能力は一切持たないが、人狼側の勝利が自身の勝利でもあるので、能力者を騙ったりして人狼側に優位になるよう働くことになる。 
人狼ではないので、本物の占い師や霊能者の判定を受けても人間と判定される。 
人狼が誰であるかは知らないし、人狼と相談することもできない。 
人狼が誰か見極める力も必要となる。 
なお、勝敗判定では人間としてカウントされる。 

 

■死者

上記役職に関係なく、処刑されたり襲撃されたプレイヤーは墓場の住人となり生存者からは見えない存在になる。
死者も引き続きタイムラインの閲覧・書き込みが可能だが、死者の書き込みは死者同士にしか見えない。

※人狼が死亡した場合は、その後は生存している人狼との連絡は一切出来ない。 
生存者の発言は引き続き読めるので墓場で推理を継続させることができる。 
ネタバレの度合いは墓場の住人同士で決めるが基本的に人狼は生存中の人狼を明かさない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~