※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

傘を整理、処分したあとは、今までと同じような傘の購入はしないことです。
折り畳み傘を常備しておけば、突然の雨でビニール傘を購入することもなくなりますし、誰かに傘を借りることもなくなります。
傘を増やさないように努力してみましょう。
ビニール傘をためこまないことは、玄関をおしゃれに、そして、きれいにキープするために大切なことですが、来客の際の急な雨で、お客さんに差し上げるケースもありますよね。
ですから、ストックしたとしても、1本か2本あれば十分だと思います。
そして、これから新しく傘を購入する際は、長く使える良い傘を選ぶことです。
おしゃれな傘であっても、安価な傘は強風ですぐに折れてしまうケースがあります。
百貨店などの傘売り場で、専門知識のあるスタッフさんに話を聞きながら、購入すると良いでしょう。

梅雨時は特に、傘の出番が多くなりますが、おしゃれな傘、そして、素敵な傘立てがあれば、玄関先も明るくなります。
そして、お気に入りの傘があれば雨の日も楽しくなるというものです。
無駄な買い物をしないためにも、またすっきりと暮らすためにも、傘選びはしっかりと行ないましょう。
そして、傘立てがまだないおうちは、おしゃれな傘立てを購入することも、整理整頓のきっかけになると思います。
新しいインテリアを購入したときは、その周辺をキレイに整理したくなりますよね。
そして、ずっときれいに保とうと努力しますから、梅雨時期の前に、おしゃれな傘立てを探してみることも良いでしょうね。

新潟に住む日本酒マニアブログ