コーヒーメーカーの選び方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コーヒーメーカーを選ぶ時にチェックしておいたほうがいい比較ポイントについてまとめました。


 

容量

コーヒーを入れられる量です。自分用、家族用などによって必要な量が変わってきます。たいてい何杯分抽出できるか書いてありますが、書いていなければ140mlを一杯として容量を換算して考えればいいでしょう


 

サイズ

コーヒーメーカーはコーヒーポット+給水タンク+αという構成ですので極端に大きいものではないですが、 やはり購入の前にはご自身のキッチンのスペースと製品ページに書いてあるサイズとを照らしあわせて検討したほうがいいでしょう。


 

手入れのしやすさ

給水タンク・豆を入れるバスケット部分などが取り外せるようになっていると掃除が簡単ですのでここをチェックしておきましょう。


 

抽出温度

メーカーによってコーヒーを抽出するときの温度が異なります。人によっては「ぬるい」と感じるコーヒーができてしまう製品もあるようなので検討の際はご注意下さい。メリタのコーヒーメーカーはだいたいバイメタル方式なので比較的高温(90度以上)で抽出してくれるものが多いです。


 

保温機能

ヒーター式

コーヒーポット部分はガラス製で保温性はありませんが、それをヒーターで温めることで保温する方式です。この方式の欠点は温め続けることでコーヒーが煮詰まってしまう所と電気代がかかる所です。

保温ポット式

ポットが断熱容器など保温性の高いものとなっており、入れてからしばらくの時間は温度を保てるようになっています。ヒーター式と違い煮詰まりが防げる、節電できる、などのメリットがありますが、価格は少し高くなります。


 

その他機能

ミル機能

ミル機能がついてるものもあり、毎回挽きたてのコーヒーが楽しめます。

ミル機能付きの製品としてはツインバード CMD-456パナソニック NC-A55Pなどがあります。

浄水機能

フィルター式浄水や沸騰式浄水などにより浄水することが出来る機種もあります。フィルター式の場合、定期的にフィルターを購入して交換する必要があります。

自動電源OFF機能

抽出が終わると自動的に電源を切ってくれる機能です。大体の機種にはついています。

エスプレッソ抽出機能

少々高いですがカフェポッドを使ってエスプレッソを抽出できる機種もあります。

エスプレッソ機能付きの製品としてはパナソニック NC-BV321があります。


コーヒーメーカー一覧はこちら