大団円をぶち壊せ

とうとう往ってしまったな、お前。



それでいいんだ、それがお前の選んだ世界だ。




お前が心底嫌っていた世界だ。










思えば、私は嫌に巫山戯た存在だった。




物質精製、そして幻覚。



幻覚を媒介とした実体化。



お世辞にも人間とは呼べなかっただろう。



それに気が付き、愕然とした私に突如起きた直感。




そうだ、まるで演劇のト書きのように。




(私は近いうちに死ぬ)、ト。




途端に幾つもの心残り、未練が、心臓を廻った。




私は別の精神から引きずり出され、淘汰され、弾かれた人格。




躊躇など無かった。




いつ至るかも知らない死を察して、次に私が忘却されることが恐ろしくなった。




誰にも語られない、聞かれない、記憶されない物語など、存在しないに等しいじゃないか。





盛大に暴れ、他者に私の記憶を刻んだ。




憎悪、恐怖、憧憬、どれであれ良かった。




そのように、私は自分の意思で笑い、殺し、騙し、奪い、また笑った。




すべたの自分の挙動に、喜びを感じた。










そして、お前が来た。




子供にそぐわない、それこそ『すっかり醒めてしまった』目をしたお前が。




お前は確かに聡明だったが、視界が狭すぎた。



だから、お前に、私が人を殺す瞬間を魅せつけた。



「父親殺し」を夢見るお前に。



所詮は子供、うろたえ、いかに自分が無知だったか知るだろう。



そう思ったのにな。



お前、怯えながらもはっきりと目を凝らしていたじゃないか。




前を見据えていたじゃないか。






なんだ、なんなんだよ。







お前に全て教えたくなったんだ。魅せてやりたくなったんだ。




醜悪な真実を教え、壮麗な虚偽を魅せたくなったんだ。




嘘を重ねた実しやかな夢物語、空虚な私。皮肉なものだが、




そのために、存在していたんじゃないか?そう感じた。








だが、嘘も夢も、何時かは醒める。






元の世界へ戻ると、お前は言った。




口惜しく、名残惜しかった。




続きます☆