無所属

どの派閥にも属さない異能者。それは、そもそも覚醒したばかりで異能者が警察に追われているという非日常を知らない人や、知っているがその争いとは無関係に個人で動く人、未覚醒者(及び一般人)でまだ非日常の世界を知らない人、もしくはどこかで異能の存在を嗅ぎ付け、それを興味本位で追う人々の事です。
多少中立派と中身は似ていますが、中立派にはグループがいくつかありますが無所属はありません。

※未覚醒者と出た場合、能力に目覚めていないただの人間として扱ってください。ここで言う未覚醒というのは異能を持たない、ただの普通の人という意味です。展開的に今後覚醒した場合には診断結果の能力を適応してください。未覚醒者で派閥に所属している場合、何かしらの理由で異能の存在を知り、協力しているとして扱ってください。
(東京異端審問から抜粋)