保守派

異能者は日の目を見るべきではないという考えを元に、極力異能捜査課に関わらない・見つからない事を前提に必死に彼らなりの日常生活を送る事を決めた派閥。保守派にも特にリーダーは存在せず、現状異捜の影におびえながら暮らしている状態。過激派とも意見の違いで抗争になる事もあり、やむを得ず異能を使う事もある。

※診断結果で派閥幹部と出た場合は個々のグループ内での幹部だと思ってください。
(東京異端審問から抜粋)

幹部

スパイ中