ジュン

「なんなんだ君たちは。人が気持ちよく演奏しているところに柏手を打つなんて…無粋という言葉を知らないのかい?」
「常連さんかい?顔をよく見るからね。覚えているさ。僕は僕の演奏に水を刺さない人が大好きだ。」
名前 ジュン 所属 発狂楽団(中立派)
年齢 21 髪色
身長 176cm 眼色 赤紫
体重 59kg 異能 影を操る、音を操る
性別 状態 発狂気味

  • 楽団団長
団長で、演奏する楽器はピアノ。ただ特別上手いわけではなく、異能で音をキレイにしている。団員で演奏に自信がない人たちの演奏の手助けもしている。

  • 影の異能
割合でいうなら10%しかジュンは使えない。使うときがあるとすればバー店主の指示で「演出で盛り上げてくれ」と頼まれた時のみ。
影絵などの演出が出来る。

  • 発狂気味
発狂原因としては自分のピアノの実力の伸び悩み。ピアノスクールにかよっていたが伸びが悪く、周りに馬鹿にされ次第に友人も減っていった。
年月が過ぎても上達しないことに焦りを覚え、精神が蝕まれていったことが原因。

能力の覚醒は発狂後である。

  • 発狂前
ピアノスクールに通わせてくれていたのは母親だが、母親は事故で亡くなってしまった。それからは父親にたのみこみ、ピアノスクールへ通っていた。

▲関係者様
 スバルさん 飲み仲間
「僕のお気に入りのお客様だ。彼だけは特別待遇だ。文句はないよね?」
 金襴さん 母親のような
「あの人は、まるで僕の母親のようで…その、すごく甘えたくなる。」