ミクロ

みくろ

親:凸之助
「……はぁ。なんでアタシがそんなことしなきゃいけないのさ。」
「小さい子以外に興味ないから。」

プロフィール

名前 ミクロ 所属 中立派
年齢 21歳 髪色 一人称 アタシ
身長 152cm 眼色 赤紫 二人称 あんた
体重 45kg 異能 パイロキネシス 三人称 あいつ
性別 女性 状態 発狂気味である 本名 ディーナ・チェスノコフ

詳細

  • 軽いミクロフィリアの気があるゴシックガール。
  • 行動派でわがまま。超短気。サイドテール。
  • 非常に面倒くさがりで飽き性。しかし最近アニメフィギュアにハマっておりよく都におりてくる。
  • 部屋がアンティークドールで埋まっている。すごい邪魔。
  • 人形に限らず、人体にも小さく在って欲しい願望があり、よく背丈の低い人間をバラバラにして小さく組み立てなおしている。

「あんたは空想に浸ってればいいじゃん。」

  • るりちゃん ちっちゃい。お人形さんみたいかわいい。標的確定。
「るりちゃん、今度アタシの家においでよ。」
  •  お家の周りに現れる野生児。捕獲対象。
「あいつだ!!早く捕まえろっ!」
  • ニーナちゃん 樹海に遊びに来る人。いつも目を光らせて見てる。
「アタシならもっとかわいくしてあげられる…」
  • 刀の子 襲っても襲っても観念しない。悔しい。
「く…しぶとい。」
  • Erin 中立仲間のお友達。マクロと挟む。
「ねーねーErinー、そのクラウンって小さい子居るの?かわいい?」


異能

  • 発火させた炎を指で掬う事で小さな妖精を造り出す。妖精には何処か一部に必ずコアがあり、ミクロのハンドサインに忠実に従う。
  • コアがある限り妖精は何度でも燃やし直す事で復活する。火花からコアを造り出すので管理できる限り増殖させる事が可能。鬱陶しい。
  • 共に周りの温度が著しく上昇し、妖精のエネルギーも肥大化していくが、水だけは炎を無視してコアに直接かかるため、水の異能者が大の苦手。