ジニア

名前 ジニア 所属 中立派
年齢 16歳 髪色 赤紫 一人称
身長 165cm 眼色 黄色 二人称
体重 46kg 異能 身体能力向上【40%】幻覚を見せる【60%】 三人称 彼、彼女
性別 女性 状態 力を過信しすぎている


「ほらほら大丈夫!できてるじゃん!!」(幻覚を見せて自身をつけさせている
              「落ちそうになったら私が受け止めるからさーっ!」


■性格
明るくて常に前向き。
困ってる人を放っておけないタイプ。そのせいで遅刻をすることもしばしば…。
狙ったものは逃がさない!百発百中で捕まえる。
鈍くて天然。

■C.launに入団している。ナイフ投げが得意。

■好きなもの
フルーツ。特にさっぱりしたものが好き。
子ども。笑顔をみたさにC.launに入ったほど。
ナイフ。珍しいデザインをみるとついつい手を伸ばしている。

■嫌いなもの
辛いもの、甘いもの。結構好き嫌いがある。
人を馬鹿にする人。 「ナイフ投げつけんかんね!!!」

■過去
ごく普通の女の子。
中学時代は友達も多く、誰に対しても平等に接していた。
何度か告白されたことがあるが、本人は気づいていない。
子供の頃サーカスを見にきたときにずっと入団することに憧れていた。
身体能力がいいため、投げナイフ、綱渡りなどの練習を家でやっていたため、親に怒られていたこともしばしば。
念願のサーカス入団をとげ、舞い上がっている様子。




■関係者様
リズリナくん よく一緒に練習します
「わーーっ!!見た見た?!初めて成功したよーっ!君のおかげだね!」

カスくん 普通にお話しています
「みんなカスくんのこと変に言ってたけど…普通なのにねー?話しててこんなに楽しいのにさっ!」

モニャンくん 頭をなでてくれます
「わあっ!あっははっ、くすぐったいよー!」

におくん 恋人さん
「私こういうの初めてだからどうすればいいかわからないけど…。手繋ぎたいかな…っ」