NOAH


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

のあ

親:凸之助
「わたしか、まあ、ノアとでも呼んでおくといい。」
「これは貴殿にはまだ早い話だったかね。わたしの失策だな。」

プロフィール

名前 NOAH-one
(ノア ワン)
所属 研究課
年齢 覚えてない 髪色
身長 1.77M 眼色 赤紫
体重 60kg 異能 電気を操る【50%】重力変化【50%】
性別 男性型 状態 疎ましく思っている
一人称 わたし
二人称 貴殿
三人称 奴/彼女
本名 幸 ※無名
(ミユキ)

詳細

  • 自身をよくできた人工物(マリオネットやらアンドロイドやら)だと思っている。口調がとても淡々としている。
  • 薬物を取り込む事に執着がある薬中。また、固形物を飲み込む事にもこだわる。
  • 手が震えだしたら薬を欲する前兆。舌っ足らずになっていき、次第に立つことが困難になる。
  • 人肌に触れる事、触れられる事と、女性の甲高い声を嫌う。
  • 蜘蛛さんが好き。
  • 普段歩くことすらままならないので、可能である限り浮遊している。
  • 相手の頭上(天井)に立ったり、壁に立ったりするのが趣味。
  • 自身の自由の利かない身体と、家庭環境を疎ましく思っている。
  • 管理者に言動全てが制約されている。関わった相手の事も筒抜け。

  • 風見  よく視線もってかれる。よくわからないけどすごくもやもやむずむずする。
「風見に、用があるのだが、」
  • ヒナギク 構ってもらえる。なぜか良く思われてないと思ってる。でも嫌いじゃない。
「彼女の真上に居ることをなるべく心がけよう。」
  • メトロ 手を貸してくれる助手。発電手伝ってもらう。
「メトロ、薬、薬をもらってきてくれ。」
  • 夕凪 ちょっと何言ってるか理解できない。
「日本語で話してくれないか。」
  • Lovegenomix 一緒にお仕事したり。同類だと思っている。
「何故そんな人間臭い事を言うのだ、Lovegenomix。」


異能

電気を操る × 重力変化
後天性異能者 以前に父親に半殺しにされた際に覚醒。
自身はかぎりなく人間に近い人間でない何かだと思っている為、なんらおかしいことはないとしている。

電気を操る
  • 肢体からの発電、及び操作が可能。
  • 電気を蜘蛛の糸の様に使役するが、電気の方向を操作できるだけであって自在というわけではない。形を維持するには流し続けなければならない為疲労が激しい。
  • また発電した瞬間の肢体以外は人間同様に電撃を害とするため、あまり自由が利かない。
重力変化
  • 重力を操作する「領域」を作り出す。自身の足元の他に、手のひらを向けた直線の先に作ることができる。
  • 自身の領域は常に展開されていて、自身の領域と接触しない場に領域を作る場合は手を向けたままでなければならない。
  • 領域を作る限界のサイズは10M。あえて自身と離れた場に展開する事で、重力に影響される攻撃をそらすなどに使う。