アリア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 アリア 所属 過激派保守派からのスパイ)
年齢 18歳 髪色 焦げ茶色
身長 160cm 眼色 赤紫
体重 42kg 異能 念動力【40%】傷を癒す【60%】※覚醒初期
性別 女性 状態 野心を抱いている

一人称
二人称 キミ
三人称 彼、彼女

「…誰?キミは私の、敵なの…。」
       「仲間に危害、加えるつもりなら…ゆるさない…。」

■性格
眼色が両方違うため、人に目を合わせただけで怖がられるので目を合わせることがすごく嫌い。
誰にも目を合わせられなくなり、自分から無意識に目をそらしてしまっている。
周りからは一匹オオカミと思われるが気を許している相手にはすごく甘える。
幼いころから強く強く願っていることがある。

■好きなもの
動物。唯一目を合わせていられる相手。
見つめても触っても逃げないことがうれしくてよく森へ遊びにいっている。
ただ、方向音痴なため、よく迷子になってしまう。

■嫌いなもの
人。怖がられたり仲間を傷つける人が大嫌い。
そのため、初対面の人なんかにも気を張って隙を見せず警戒している。
自分が信頼できると思った相手を全力で守る。

■念動力と傷を癒す異能
敵には容赦なく念動力を使う。
心で「ごめんね」、とつぶやくが言葉にすると揺らいでしまうため決して口にしない。
傷を癒す能力を使うことが好き。
人の役に立てることをうれしく思っている。動物の怪我もよく直している。
どちらの異能も覚醒したばかりなため、使った後は疲れが一気にくる。

■過去
生まれつき目が左右違う色なため、両親に捨てられた。
物心ついた時には優しいおばあさんと一緒に暮らしていたが、暫くしてお婆さんが他界した。
それからは一人で生活しているが、人の目が怖くて街にも出歩けなくなっていた。
食料調達といえば、森に行って木の実を取った魚を取ったりする程度。
ある日森の入り口付近に見つけた捨て猫を飼い始める。
数年後自分のことを嫌っていた街の人達に猫を殺され、人間不振になってしまった。
幼い頃から強く願っていたことは

「友達がほしい。」



■関係者様
サーニア とても大好きなお友達
「サーニア…ただいま。…会いたかった(ぎゅぅ)」

ヤスリさん 素敵な恋人さん
「ヤスリさん…あの、目…見ないで。嫌じゃないけど…恥ずかしい。」

ピコさん 任務の最中に出会いました
「また、怪我してる…こっちむいて…あっ。や、やっぱり下向いてて…っ」

ニーナちゃん 森で出会いました
「ニーナちゃん、虫さんにすごく好かれてる…。…私もニーナちゃん好き」

シグさんとヴィルさんさん 治療のお手伝いによくいきます
「私、役に立ててた…?…立てたなら…嬉しいな。」