ルーシェ

名前 ルーシェ 所属 過激派
年齢 20歳 髪色 銀色
身長 158cm 眼色
体重 45kg 異能 パイロキネシス【10%】血液変化【90%】
性別 女性 状態 特に現状に不満はない

一人称 ルーシェ
二人称 あなた
三人称 彼、彼女

「…?お姉ちゃんのお知り合いさんですか?」
    「私はシベリアが大好きですけど、きっとシベリアは…」

■性格
誰にでも愛想がよくつねにニコニコしている。
少し行動が遅いが、受けた仕事はきっちりこなしている
面倒見がいいので姉より姉っぽい。

■好きなもの
写真が好き。
その時の思い出を振り返る時間が何よりも好き。
忘れないように写真がたくさん入ったアルバムを常に持っている。
でも人に見られるのは恥ずかしくて嫌らしい。

■嫌いなもの
子供が苦手。泣いてしまうとどうしていいかわからなくなって焦る。
面倒見がいいからよくこの子見ててくれないと頼まれるが、実際はすごく危なっかしい。

■パイロキネッシスと血の形状を変化させる異能
パイロキネッシスは使うのが苦手。
血液変化はよく重症を負ってしまったひとの止血に使っている。
何か少しでも役立てるように考えている。

■過去
幼い頃からいつもどこへ行くにも双子の姉と一緒にいた。
周りの人達もよく似た双子だと可愛がられていた。
けれど、少しずつ成長するに連れ、姉との違いを突きつけられて、周りの人たちに比べられるようになった。
両親はそんなことを全く気にすることなく、一人一人の個性だといい平等に愛してくれていた。
意見の違いで姉とは違う派閥に入った。
嫌われていたとしても姉のことが好き。

■双子の姉
双子の姉
自分は姉のことが大好きだが、姉は自分のことを苦手に思っている。
それでも仲が悪いわけじゃないので普段も普通に話している。
少しでも姉ともっと仲良くなりたいと願っている。

■関係者様
リカさん 尊敬から恋愛感情に発展しました。手を握りたくて必死です。
「リカさん、あの、そのっ、一緒に手を………わっ!」