クロイド

名前 クロイド 所属 警視庁:異能研究課
年齢 18歳 髪色 焦げ茶色 一人称
身長 175cm 眼色 黄緑 二人称
体重 56kg 異能 記憶を操作する異能※未覚醒 三人称 あいつ
性別 男性 状態 なんとなく所属している


「俺は犬派だから問題ない」
      「いや、笑ってない。笑ってないよ。」


■性格
おとなしく、多少人見知りしてもすぐに懐く犬のようなやつ。
少し目つきが悪く、ぼーっとしていても周りから見ると睨んでいるように見えてしまう。
驚かせられたり、イタズラされるのが苦手。びっくりして飛び上がる。

■好きなもの
  • 甘いもの。
お菓子なんかが大好き。
飴やクッキーなどか特に好き。
弟と食べていたらはまったらしい。もらえるお菓子はなんでも喜んで食べます。

■嫌いなもの
少しの量の血でも見てしまうと倒れる。

■異能
記憶を操る異能。相手の目を手で覆うと相手の記憶を消したり塗り替えたりすることができる。
結構便利な異能だがまだ未覚醒なので使えない。

■過去
ごく普通の家族……ではなく、両親がよく仕事で家にいなかったため、姉が面倒を見てくれていた。
遊んでくれていた、というより遊ばれていたので子供ながらにこいつやばいということを察し、
反面教師となった。
小さな頃から目つきが悪く、友達が出来にくかった。
昔犬を飼っていたが、姉に雑に扱われ家出してしまった。許さない。

■兄弟
   最近は恋人ができたようで、自慢話ばかりされるようになり、密かに爆発しないかと願っている。

   弟が女の子と間違われたときに笑いをこらえるのに必死である。

■関係者様
キザミさん 背後に立たれないようにしている
「わぁぁっ!!は、背後に立たないでくださ」

アデル ぬいぐるみをやたらプレゼントします。
「アデル、ぬいぐるみ。これはまだ持ってなかっただろ…?あと、これとこれとこr」

ピコ  かわいい恋人さん
「お前また抜け出しただろ。ちゃんと仕事しろよ。…俺もいるんだからここにいろって言ってんの。」