にっさん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

親:公開処刑
image plugin error : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

プロフィール

名前 にっさん 所属 保守派
年齢 23歳 髪色 亜麻色
身長 眼色 灰色
体重 異能 重力変化【60%】※覚醒初期冷気を操る【40%】※覚醒初期
性別 状態 思想に疑問を抱いている

一人称 ボク
二人称 キミ/○○くん/○○さん
三人称 彼/彼女
本名 新納勝(にいろまさる)

「うん?お客さんかな?お客さんだね。お客さんだ。いらっしゃい。」
「ボクはやっぱり見た目も大事だと思うなー。料理だって見た目が良くないと食べる気が失せちゃうし……な、なんでそんなに落ち込んでるの…?」
「たまに思うんだ、どうしてボクだけがこんなに怯えて毎日を生きなくちゃいけないのか……。」

  • ゆるふわ系男子。争いごとは嫌い。殺人なんてもってのほか。
  • カフェを経営している。よくネクターが来る。
  • 異能をほとんど使わない。もし使っても店内で暴れるお客さんをさり気なく懲らしめる程度。おかげで一般人だと思われている。
  • お客さんと話すのが楽しい。でもごもっともな正論を言い過ぎて話し相手を傷つけてしまう(本人は無自覚)のが玉に傷。
  • 裁縫が得意だったりする。
  • 言動が女っぽい。たまに話すまで女だと思われていたりする。
  • やたら「にっさん」と呼んでもらいたいらしく別の呼び方をされるとちょっと困ったような表情をする。「マスター」じゃなくて「にっさん」って呼んでもらいたい。
  • 警察には少し恨みがある。殺したい人がいる。

  • 自分はもう死んでるんじゃないか、とか、消えてしまうんじゃないだろうか、とか、ふと考えている。世界とボクとを、薄い膜が遮ってる様な、そんな気がする。
  • 人が話しかけてくれたり自分を見てくれたりすることで自分の存在を確かめている。
  • 一人になると何かに怯え始める。

異能について

  • 冷気を操る
  • 迷惑なお客さんに向かってこっそり冷気を放って凍傷にする程度。

  • 重力操作
  • 周りの空気の重さを操って高山病や高圧病にする程度。

  • 二つの能力を組み合わせたら雪を降らせることができるんじゃないかなあと思っている。無理だけど。
  • 異能使用時は自分自身の周りに冷気が漂ったり自分にかかる重力が少し軽くなる。幽霊のようなこの感覚が大嫌い。



親の感想

文字の色素が薄くて鳥肌立ったのはいい思い出。ゆるふわ毒舌ってどうなの。
空気の重さを操れると言うことはもちろん酸素の重さも操れるわけで私が言えることはあいつに向かってあんまり「死ね」とか言っちゃいけないし殺人なんてもってのほかだよどうなっても知らないよ。

関係者様

  • マドレーヌさん。よく来てくれる人。来てくれる度に必ず機械の調子が悪くなってる気がするけど多分気のせい。
「あ…まただ……うーん、機械の調子が悪いみたいだから、ちょっとだけ待っててくれるかな……ごめんね?」