木霊

こだま

親:凸之助
「ああそうそう、教会生まれのTさんが…」
「はは~ん…惚れたな?」

プロフィール

名前 木霊
(コダマ)
所属 研究課
年齢 24歳 髪色 一人称 俺様
身長 174cm 眼色 二人称 お前さん、君
体重 62kg 異能 空間移動【40%】パイロキネシス【60%】 三人称 奴、彼女
性別 男性 状態 狂信的である 本名 宮 こだま
(ミヤ コダマ)
I.C ウィスプ

詳細

  • 寺生まれのKさん。仏教の教えをまともに守っていない糞野郎。煩悩と欲だらけで生きてる。
  • 霊感、霊能力共に持ち合わせており、ぶらぶらとそっち関係の強い力に惹かれて除霊やら浄化やら放浪する。うさんくさい。多分腕は確か。
  • ほとんど仕事をしておらず、散歩やら遊んでやらでクビ寸前。ただし浄霊はしっかりする。霊を敵にしているくせに自分の挙動が霊っぽい。
  • フェミニストだが、女性にさほど興味が無い。家が男色家。自分好き。所謂ナルシスト。自惚れた発言がそこそこうざい。
  • 軽く見せておきながら掴みどころがない。本音が見えない。稀に開眼する。

  • ひびき 従兄弟。彼のほうが少し弟。
「あらあらー、まあお前さんのやる事に口出しはしないが、早く気がつく事を待ってるよ。」

  • 風見 引っ捕まった時に何気なく助けてもらった。
「よし、ソッチの事で何か起こったら俺様が一番に駆けつける優待をしてやろう!」
  • 夕凪 めっちゃ憑いてる。ほっとくと危ない。
「あのなあ…いや、心構えは立派だが。」
「ああ、まあまあ、大丈夫大丈夫。俺様が居れば何があっても解決するさ。」
  • ログ爺 随分お若いおじいさん。錫杖でティッシュつっつく。
「おや、ログ爺。今日は少し鼻づまりが酷くてね…頂こう。(ズッ)」


異能

空間移動 × パイロキネシス
先天性異能者 妖の子と気味悪がられ育つ。
異能の事実を知るまでは本気で自身を妖と思っていた。

空間移動
  • 現実世界と同じ場であるものの、「ゾーン」が違う“霊界”へと繋げ、自身を霊体として移動する事を可能にする。
  • ただし、ワープ等の事はできない。あくまでも徒歩である。
  • 霊体となっている間は、 その類 が「視える」人にしか見えない。
パイロキネシス
  • 視線の集中による発火が可能。炎を緑にする性質がある。
  • 形状を変化させる事ができる。よく人魂型でふよふよ浮かせたりして遊ぶ。
  • また、特定のものを燃やさないようにしたりする事が可能。