神名崎

親:公開処刑

プロフィール

名前 神名崎龍也(かんなざきりゅうや) 所属 過激派保守派からのスパイ)
年齢 14歳 髪色 茶色
身長 眼色 赤色
体重 異能 毒を操る【50%】念動力【50%】
性別 状態 劣等感を感じている

一人称
二人称 先輩
三人称 ○○先輩
「こんにちは先輩。・・・・気分が悪いんですか?そうですよね俺みたいな下等生物が視界に映ってるなんて気分悪くなって当然ですよね先輩目の前に現れてしまって申し訳ないですいやむしろ生まれてきてすみませんこの世に存在してしまってすみません・・・・こんな有害物質にお世辞を言ってくださるなんて先輩は優しいですね神様レベルですねでも大丈夫ですよ無理してこんな歩く災厄に優しくしなくていいですよ先輩は、この世界はこの上なく俺が邪魔だと思っていることはもう重々分かりきっていますからそんなことより先輩に無理してそんなことを言わせてしまって御免なさい害悪の分際で先輩に関わってすみませんこれで先輩の価値が下がってしまったら間違いなく俺のせいですよねいやこれから将来先輩に起こる異常事態全てが何もかも全部全部俺が悪いんですから俺の責任ですから御免なさい本当に心から深くお詫び申し上げま」
「餃子の事件もサリンの事件も福島第一原子力発電所事故も全部俺が原因なんで」
「いやそんな、先輩を俺みたいなクズが素手で触れていい筈無いじゃないですか。先輩を穢したくないんです」

  • 自分は生きているだけで有害でありこの世界で起きる毒(たまに水)関連の事件は全て自分が原因だと思っている勘違いメガティブ野郎。
  • 何もかも自分のせいだと思っている。
  • 自分を人間以下の存在だと思っている。もはや劣等感の塊。
  • 素手で触れると相手が穢れてしまうと考えてずっと手に包帯を巻いている。
  • 現役いじめられっこ。
  • 年上でも年下でも敬語+先輩呼び。
  • 声のトーンがいつも暗い。顔に影がかかる程に暗い。
  • 暗いことを自覚していて何があっても笑っていようとする。泣いている時も必死で笑おうとして口角が不自然に上がる。
  • 何かとよく謝罪する。生まれてきてすみません。謝罪しているあいだに次から次へと自分で自分を責め立てまくる。
  • よく責め立てすぎて泣き出ながら殺して欲しいと言いだしたりする。面倒くさい。
  • 親近感を感じていたり興味がある人にはより劣等感を感じて謝罪が長くなる。泣きだす確率も高くなる。
  • 下等生物の分際で人を傷つけたら死刑じゃすまないと思っているので戦闘は極力避けている。
  • 表向きはスパイだが本当は厄介払いされた。あわよくば殺されてしまえばいいと思われてる。
  • と、いう事になんとなく気がついている。でもそういうことをされても仕方の無い存在なのだと思っている。

異能について

  • 毒を操る
  • こちらの異能はあまり使わず普段は念動力を主に使っている。
  • 自分が触れた水に毒を付与できる。
  • 自分が触れているもので触れても付与できる。
  • 溶解性の毒しか使えない。
  • 精神状態が不安定になると力を制御出来なくなる。
  • 劣等感に潰されそうになると強力になる。
  • 自分自身に影響は出ない。
  • 小学校の頃にウサギとめだかを全滅させたことをきっかけにいじめが始まった。

  • 念動力
  • 物体を動かす力を応用して銃などの武器を分解し無力化させる。あとバリア張る。
  • 水を扱う時は大体念動力に頼る。毒化防止。
  • 攻撃に使おうとしない。

  • 毒を操る×念動力
  • 最悪のパターン。念で触れた物すら溶ける。
  • 「もうどうでもいいや」等の無気力状態に陥ると発動する。


親の感想

お前暗すぎ。余裕でツイッターの文字制限くらう。144字オーバーなんてあたしゃ初めて見たよ。
強いほうなんだろうけどこいつが精神的に折れるほうが早かった。

関係者様

  • 葛ノ葉先輩。ちゃんと話がしたいと思っているけど劣等感を感じて顔合わせるたびに謝罪してる。死にたいって言うのも自分が原因だと思ってる。
「先輩は間違いなく俺以上の苦労をしているはずなのに俺のはもっと小規模なはずなのに辛く思うなんて俺の心が弱いせいですよね本当のゴミクズは先輩じゃなくて俺ですむしろゴミ以下です・・・・・そうですよね俺みたいな下等生物が話しかけてきたら鬱になりますよね死にたくなりますよねすみませんごめんなさい」