紀貫之


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐和歌をこよなく愛す歌人‐

紀貫之
紀貫之+
紀貫之++
[闘歌]紀貫之
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 

剛力
H-NORMAL
攻撃力:1558
防御力:1635
戦力:6

剛力
H-NORMAL
攻撃力:1792
防御力:1880
戦力:6

剛力
H-NORMAL
攻撃力:2026
防御力:2126
戦力:6

剛力
RARE
攻撃力:2338
防御力:2453
戦力:6

スキル:なし
ベストポジション:なし
トレード:可能
入手方法:進軍、復刻ガチャ、レア復刻ガチャ

関連家臣
[歌人仲間]小野小町

歌人界でも最高峰の者だけが名を連ねる三十六歌仙の一人。その才能は一目を置かれていて、時の支配者に重宝されるのだがその力は歌が高尚という事だけではないようだ「ここで一首詠みましょう。えっ?今はやめておけって?そんなー」 

紀貫之の歌には戦いを鼓舞する力が秘められており、武将や大名はこぞって招きいれようと躍起になった。しかし本人はその力には気づいておらず単純に自分の和歌に惚れているのだと思い込んでいる「最近の私の人気には正直自分でも驚いています。まあ時代が私に追い付いたってことにしときましょう!」 紀貫之の和歌には普段使いきれていない力を最大限にまで引き出す力がある。そのため必要以上に体を酷使し、戦場で力尽きてしまう兵が後を絶たないのが悩みの種である「私の和歌を聞いた人はとても元気になっているけど出兵した人と帰ってくる人の数が合わないのよね。本当不思議だわー」 戦力の消費が激しいためここぞと言う時の奥の手として扱われようになったが当の本人は和歌を詠みたくてしょうがいない。手に余る主人達は苦肉の策として白の決闘場に送り込んだ。自分がなぜそこにいるのかも分からない紀貫之だが歌を詠めれば満足のようだ「あれっ?何で私はこんな所で詠んでるんだ?ちゃんと聞いてるのかな?まあ、細かいことは気にしない気にしない♪」
備考
・MAXステータス
 攻撃力:
 防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
 攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
 攻撃力:
 防御力:

・MAX4進時ステータス
 攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX4進時ステータス
 攻撃力:00000
 防御力:00000

・MAX6進時ステータス
 攻撃力:00000
 防御力:00000

・MAX8進時ステータス
 攻撃力:
00000(計算値)
 防御力:00000(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)