武田信玄

‐甲斐の虎‐ 

武田信玄
武田信玄+
武田信玄++
[甲斐虎]武田信玄

剛力
LEGEND
攻撃力:9222
防御力:7877
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.1倍

剛力
LEGEND
攻撃力:10605
防御力:9059
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.15倍

剛力
LEGEND
攻撃力:11988
防御力:10241
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.2倍

剛力
U-LEGEND
攻撃力:13833
防御力:11816
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.4倍

スキル:真・風林火山:味方全体の攻撃力・防御力特大アップ
ベストポジション:
トレード:可能
入手方法:イベント報酬(現状なし)

関連家臣
[目をかけている]山県昌景
[多少揺れている]内藤昌豊

甲斐国を拠点とする武家、武田家の現当主。甲斐国における武田支配の基礎は信玄の父、信虎によって築かれたが、信虎は武力を維持するために重い税を課すなど民からは疎まれる存在であった。武田家の家臣もそんな信虎に家の未来は任せられぬと判断、息子である信玄を擁立し信虎を追放してしまう「結束こそが武田に更なる繁栄を呼ぶ鍵だ、孤高を貫く老虎にはご退場願おう」

信玄はそれまで軍事偏重であった武田家の政策を大きく転換させ、治水事業や新田開発に力を入れる。結果、国が潤う事で優秀な人材が武田に集い、更に強固な軍の編成が可能となった。中でも武田が抱える少数精鋭の騎馬隊は人間界における恐怖の象徴である「疾風の如く進軍し側面を突け、速さは力だと言う事を連中に叩き込んでやるぞ」

異国の兵法書である孫子に通じており、旗印に掲げる風林火山の文字も孫子の教えの物となる。風のように素早く進軍しては林のように静かに構える、火のような激しい勢いで攻撃をしかけては、山のようにどっしりと構える。これらはあらゆる問題への対処方法ともなり、信玄自身も甚くこの言葉を気に入っていた「戦場は絶えず千変万化して然り、情勢に応じた動きを見せなくば勝利を得るなど夢物語だ」

他国者であっても実力を示せば相応の扱いとする武田の気風は信虎の代から続く物であり、信玄が抱える武田四天王も出自は様々である。彼女達とは公私を越えた家族とも言える付き合いとなり、これも、当主として家を切り盛りしなければならない彼の心の均衡を保つ、重要な要素である事は想像に難くない「俺にこの表情を晒す奴は数える程しかおらん、まあ、運が無かったと思って付き合ってもらおうか?」

備考
・MAXステータス
攻撃力:
防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
攻撃力:
防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX4進時ステータス
攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX4進時ステータス
攻撃力:24822
防御力:21205

・MAX6進時ステータス
攻撃力:00000
防御力:00000

・MAX8進時ステータス
攻撃力:
00000(計算値)
 防御力:00000(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)