聖徳太子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐遠く古より呼ぶ内なる声‐ 

聖徳太子
聖徳太子
聖徳太子++
[救世]聖徳太子

剛力
HSR
攻撃力:6339
防御力:5958
戦力:26
ベスポジ効果:なし

剛力
HSR
攻撃力:7290
防御力:6852
戦力:26
ベスポジ効果:なし

剛力
HSR
攻撃力:8241
防御力:7745
戦力:26
ベスポジ効果:なし

剛力
LEGEND
攻撃力:9509
防御力:8987
戦力:26
ベスポジ効果:なし

スキル:天馬飛翔:
ベストポジション:なし
トレード:可能
入手方法:ガチャ

関連家臣
[助言したい]永虚
[親切な妖魔]???(次郎坊?)

正確には聖徳太子を自称する少女。捨て子であったが親切な老夫婦に拾われ愛情を注がれる。成長するに従って突飛な言動を繰り返すようになり、村では気の触れた娘として煙たがられている「上手く説明出来ないけど、私の中にもうひとりの私がいて……いや、ほんとだよっ!その私が聖徳太子の生まれ変わりだって、だからそう名乗れって……」

正確には聖徳太子を自称する少女、のはずであったが一つの事件が起きた。村に逗留していた学者を勉学の心得が無い少女が完全に論破してしまったのだ。この事件を契機に、少女は本物の生まれ変わりなのでは……との空気が村に広がっていく「もうひとりの私が代われ、っていうから、いいよって言ったの。そしたら私の口から訳の分からない言葉が、後から後から滝の様に流れて……」 聖徳太子を自称する少女は干ばつに苦しむ村人達へ降雨の到来を告げた。すると少女の言葉通りに雲が立ち込め、干上がった田畑に恵みの雨をもたらした。それ以後は誰もが少女の言葉を信じ、尊び、敬ったと言う「もうすぐ雨が降りそうだから教えてあげなさいって言うから……もう、私もびっくり!本当に雨が降るんだもん」 もはや自称する必要は無く、聖徳太子は現世に蘇ったのだ。そして少女は機知縦横をもって万民に安寧をもたらす事を決意し、伝承通りの天馬にまたがり旅に出た。この乱れ切った世において、彼女の課題は山積みである「もうひとりの私……いや、もう私自身が聖徳太子さんなんだよね?うんっ、頑張る!困ってる人をたくさん助けるんだ!」
備考
・MAXステータス
攻撃力:
防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
攻撃力:
防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX4進時ステータス
攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX4進時ステータス
攻撃力:00000
防御力:00000

・MAX6進時ステータス
攻撃力:00000
防御力:00000

・MAX8進時ステータス
攻撃力:
00000(計算値)
 防御力:00000(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)