仙道狐 神奈

‐見定める者‐ 

仙道狐 神奈
仙道狐 神奈+
仙道狐 神奈++
[神仙]仙道狐 神奈

剛力
HSR
攻撃力:5953
防御力:5871
戦力:25
ベスポジ効果:なし

剛力
HSR
攻撃力:6846
防御力:6751
戦力:25
ベスポジ効果:なし

剛力
HSR
攻撃力:7740
防御力:7632
戦力:25
ベスポジ効果:なし

剛力
LEGEND
攻撃力:8930
防御力:8806
戦力:25
ベスポジ効果:なし

スキル:神霊護法陣:味方剛力の防御力特大アップ
ベストポジション:なし
トレード:可能
入手方法:ガチャ

関連家臣
[旅の話を聞く]北向道陳
[妹同士]仙狐の継承者 紫音

俗世を離れた里で神仙術を学ぶ種族
が居た。世に動乱が起ころうとも一
切の干渉を行わず、己の鍛錬に明け
暮れる彼らはその存在自体が疑問視
される事もある。身に付けた術の数
々は天を貫き大地を裂く程の力であ
るとされ、一部の妖魔の間では信仰
の対象ともなっている「里より大命
を帯びこの地に参りました。貴方様
が信に足る存在であれば良いのです
が……」

長らく他種族との関わりを断ってい
る彼らの中でも、近年は外界との関
係を持つべきだと主張する一派が居
た。日々の鍛錬で身に付けた力で他
者を救うべきである、と主張するそ
の一派は種族の中でも異端とされる
。力を身につける事こそが目的であ
る種族にとって、その考えは全くも
って理解が出来ない物であった「里
の歴史も停滞を続けております、熟
した果実がやがて腐れるように滅び
は静かに進んでいるのです」

種族の中で話し合いが持たれた結果
、外界の様子を探る者として一派の
中でも若く力のある神奈(カンナ)
が抜擢される。限定的とは言え里の
門が開いた背景としては種の力が衰
え、子供が生まれ難い状況が続いて
おり、外部から新たな風を呼び込む
必要が存在していた「里の存続の為
には生命力に溢れる強き個体が必要
なのです、貴方様はいかがでしょう

か?」

外界の者達は果たして信頼に足るか
?里に新たな息吹をもたらすのか?
生命力に溢れる存在なのか?これら
を見定める使命を帯び、神奈は里を
出発する。当面の目的は里より最も
近くに存在する王、仙狐王の居城。
人の出入りが多いであろうその地に
て彼女が見る物とは「本当は皆が理
解していたのです、このままではい
けないと……私は私の使命を果たす
為、今しばらく貴方様を見定めさせ
て頂きます」

備考
・MAXステータス
攻撃力:
防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
攻撃力:
防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX4進時ステータス
攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX4進時ステータス
攻撃力:00000
防御力:00000

・MAX6進時ステータス
攻撃力:00000
防御力:00000

・MAX8進時ステータス
攻撃力:
00000(計算値)
 防御力:00000(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)