ヒルコ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐説明文の上の文章‐ 

ヒルコ

ヒルコ+
ヒルコ++
[棄神]ヒルコ

魔術
HS-RARE
攻撃力:
防御力:
戦力:
ベスポジ効果:なし

魔術
HS-RARE
攻撃力:
防御力:
戦力:
ベスポジ効果:なし

魔術
HS-RARE
攻撃力:
防御力:
戦力:
ベスポジ効果:なし

魔術
LEGEND
攻撃力:
防御力:
戦力:
ベスポジ効果:なし

スキル::
ベストポジション:なし
トレード:可能
入手方法:ガチャ

関連家臣
[]
[]

二柱の神族から生まれた純血の神。しかしながら両親からは不出来な子、良からぬ子であるとされ、生まれて早々に船に乗せられ追放されてしまう。その後のヒルコの足取りに関しては諸説あるが、どれも噂の域を出ていない「貴方は忌み子である私に怯えないのですか……逃げ出すなら今のうちですよ?」

ヒルコも親である神々からの愛を得られなかった訳ではない。だが愛の形とは千差万別、ましてや神族の愛ともなれば一般的な価値観とは一線を画す。ヒルコに取られた措置も神としての力に欠陥を持ち、自己嫌悪を抱え続けるなら……と彼女の行く末を案じての事であった「失意や絶望と共に産声をあげ、孤独と寄り添い生きる私に……貴方は手を差し伸べようとでも言うのですか?」

産まれた地を追放されたヒルコは世界を憎み悪神として災いを振りまく事もあった。だが、己とは無縁であると決めつけていた他者を愛し、他者に愛される事が手の届く存在であると知った彼女はいつからか他者を愛し、他者に依存し続ける存在へと変貌したと言う「私は貴方の全てを愛します、なので……貴方は全力で私を愛し、私以外の存在に目も心も向けてはいけません、約束ですよ?」

ヒルコに見初められた者は彼女より無償の愛を享受する権利を得る。だがそれは己の全てを彼女に捧げなければならない義務も同時に背負う事になる。彼女を愛さなければならない、彼女に失望してはならない、彼女の全てを肯定しなければならない。これらを万が一違える事があった場合、彼女の悪神としての力が容赦無く振るわれるだろう「貴方は私の、私だけのもの……その目も鼻も口も、血の一滴までも……」

備考
・MAXステータス
 攻撃力:
 防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
 攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
 攻撃力:
 防御力:

・MAX4進時ステータス
 攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX4進時ステータス
 攻撃力:
 防御力:

・MAX6進時ステータス
 攻撃力:
 防御力:

・MAX8進時ステータス
 攻撃力:
0(計算値)
 防御力:0(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)