白鎌狐 泰伯


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐譲り受けし力‐ 

白鎌狐 泰伯
白鎌狐 泰伯+
白鎌狐 泰伯++
[巡鎖]白鎌狐 泰伯
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 

剛力
H-RARE
攻撃力:4249
防御力:4165
戦力:17
ベスポジ効果:なし

剛力
H-RARE
攻撃力:4887
防御力:4790
戦力:17
ベスポジ効果:なし

剛力
H-RARE
攻撃力:5524
防御力:5415
戦力:17
ベスポジ効果:なし

剛力
S-RARE
攻撃力:6374
防御力:6248
戦力:17
ベスポジ効果:なし

スキル:螺旋縛鎖:相手技巧の攻撃力中ダウン
ベストポジション:なし
トレード:可能
入手方法:ガチャ(通常排出)

関連家臣
[師であり友]宍戸梅軒
[支えになりたい]宍戸梅軒

強者との出会いを求め妖魔界を旅する仙狐の武芸者。泰伯(タイハク)が人間界へ出向いた際に立ち合った男、宍戸梅軒の闘法に深い感銘を受け鎖鎌の教えを請 う事となる。殺人狂であった宍戸梅軒も己の相棒の扱い方であれば……との気持ちと泰伯の真摯な態度に背を押され、師匠役を引き受ける事となる「馬鹿な事を 抜かしているのは百も承知の上だ、どうか俺にその技術を授けてやってくれないか?」 泰伯(タイハク)は鎖鎌の使い手、宍戸梅軒の元でその扱いを学び目を見張る速度で技術を習得していく。元より変幻自在な立ち回りを得意とした泰伯にとっ て、応用性に富んだ鎖鎌との出会いは運命の巡り合わせと言っても過言ではなかった「馴染めば馴染む程に分かる……俺が生涯を奉げるべき獲物はこの鎖鎌よ、 さあ次だ宍戸!出し惜しみは無しで頼むぞ」 宍戸梅軒の元で日々修練に励む泰伯。だがある日、殺人者としての衝動を抑えられなくなった宍戸が唐突に真剣勝負を叩き付けてきた。長らく武芸者としての生 き方を貫く泰伯にとって立ち合い自体は願っても無い物である。だが、殺し合いを行うにはためらわれる程に彼を一人の人物として気に入ってしまった泰伯は戦 いの手を止め、その場を立ち去る事とする「これでは本末転倒だが、殺さずして場を収めるには俺の技量が足りぬ」 その後も各地を放浪しては様々な武芸者と対峙する泰伯。殺し殺される日々に充足感を覚えながらも、ふと脳裏を過ぎるのはかつての師であり友でもあった男、 宍戸梅軒の姿である。今も昔も他者を殺める事には微塵の躊躇いもない、だがあの男だけは……そんな愛惜にも似た想いを抱え、泰伯は今日も鎖鎌を振るう「俺 は宍戸をどうしたいんだろうな……まあ、そんな事はまた出合った時にでも考えるとしよう」
備考
・MAXステータス
攻撃力:
防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
攻撃力:
防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX4進時ステータス
攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX4進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX6進時ステータス
攻撃力:
 防御力:

・MAX8進時ステータス
攻撃力:

 防御力:

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)