ひな祭り とばり

‐未知の祭典‐ 

ひな祭り とばり
ひな祭り とばり
ひな祭り とばり++
[愛雛]ひな祭り とばり

魔術
LEGEND
攻撃力:8746
防御力:8353
戦力:30
ベスポジ効果:なし

魔術
LEGEND
攻撃力:10058
防御力:9606
戦力:30
ベスポジ効果:なし

魔術
LEGEND
攻撃力:11370
防御力:10859
戦力:30
ベスポジ効果:なし

魔術
U-LEGEND
攻撃力:13119
防御力:12530
戦力:30
ベスポジ効果:なし

スキル:宵闇鳥の囀り味方魔術の攻撃力・防御力特大アップ
ベストポジション:なし
トレード:可能
入手方法:現状なし

関連家臣
[質問しようかな?]平賀源内
[晴れ着も気になる]晴れ着 サキムニ

妖魔界に生息する妖魔の中でも狐に由来する者達を狐妖と呼び、狐妖の中でも更に細かい種別に別れるが、その中でも仙狐族と呼ばれる種族は人間界に近しい文化を持つとされる。そのため仙狐族に与する妖魔はその文化の違いに戸惑う事が多く、このとばりも例外ではない「どうしよう、今更ひなまつりって何?とか聞けないし、可愛い恰好は出来ても不安がいっぱいだよぅ……」 ひなまつりが開催されると【ユーザー名】から伝えれた際、つい見栄を張っていかにも知った様な顔をしてしまったとばり。今更それがどの様な催しなのか尋ねる訳に行かず、ひなまつりの内容に関しては推測するしかなかった「まつりってお祭りの事だよね!?だったら出し物の練習が必要なのかな?すぐに出来そうなのって……この子で腹話術とか?」 ひなまつりをなにかの祭りだと考えたとばりは、芸の披露を求められた時の為に腹話術を練習する。だが、そんな思いつきで芸が身に付く訳もなく早々に挫折するのだった「オウ、オレハカラスノカンクローダ!ミンナヨロシクナ!こ、この後が全然続かないよぅ!腹話術って喋らせるだけじゃなくて面白い事を言えないと駄目だし……これはもう諦めよう」 散々に頭を悩ませながら、ひなまつりの前日を迎えたとばり。ひまりから、ひなまつりとはお祭りでも芸を披露する場所でも無いと教えられ、胸中は安堵と期待で埋め尽くさせる事となる「ひなまつりって、鳥のヒナを可愛がる事だったんだ!ちっちゃくて丸い子が沢山いるといいなぁ……この可愛い恰好もヒナを警戒させない為の物だったんだね、納得納得!」
備考
・MAXステータス
 攻撃力:13426
 防御力:12823
備考
・MAX2進時ステータス
 攻撃力:18125
 防御力:17310

備考
・MAX3進時ステータス
 攻撃力:20609
 防御力:19683

・MAX4進時ステータス
 攻撃力:21076(計算値)
 防御力:20132(計算値)

備考
・MAX4進時ステータス
 攻撃力:23543
 防御力:22484

・MAX6進時ステータス
 攻撃力:24259(計算値)
 防御力:23171(計算値)

・MAX8進時ステータス
 攻撃力:
24353(計算値)
 防御力:23261(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)