紫式部


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐創造と喪失の歌仙‐ 

紫式部
紫式部+
紫式部++
[失意]紫式部
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 

技巧
HS-RARE
攻撃力:5255
防御力:7218
戦力:27
ベスポジ効果:

技巧
HS-RARE
攻撃力:6043
防御力:8301
戦力:27
ベスポジ効果:

技巧
HS-RARE
攻撃力:6831
防御力:9384
戦力:27
ベスポジ効果:

技巧
LEGEND
攻撃力:7882
防御力:10828
戦力:27
ベスポジ効果:

スキル:呪詛の忌み歌:
ベストポジション:
トレード:可能
入手方法:イベント報酬

関連家臣
[足音を聞く]首無し

幼い頃に母を亡くし学者の父に育てられる。父親が兄に歴史を教えていた際、そばで聞いていた紫式部の方が先にその内容を覚えてしまう事があった。知識人としての素養は兄ではなく紫式部に伝わってしまった、女に生まれた事が惜しいと父親を悔しがらせた「現実はあまりにも残酷で不条理……心の準備も出来ないままに残された私は、何を糧とすればいいの?」 やがて藤原家の男と結ばれ娘を授かる紫式部。元より数人の妻や子供を抱える夫であり、結婚生活も全てが順調とはいかなったが、紫式部にとって男は掛け替えの無い存在であった。だがその夫は流行病により程無くして死亡する「命が儚いなどとはあらゆる詩や物語の題材となる程に普遍的でありふれた物、だとしても私は……簡単には割り切れないわ」 失意の底に沈みながらも、紫式部は執筆の分野でその文才を開花させる。様々な伝承や文学を取り入れ和歌と散文を巧みに融合させたその作品は源氏物語と題され、以後の文学界や文化の発展に大きな影響力を及ぼした。緻密な内面描写を描く技の妙が特に評価され、紫式部は賢女と持てはやされる「これも何かのきっかけになればと……でも何も変わらない、あの方を失って以後、何も……」

才気に溢れ利発な少女時代を過ごした紫式部も、夫の死と宮仕えによる鬱屈とした暮らしから次第にその心を歪めて行った。夫の死による心の空白は世紀の大傑作の執筆を終えてもなお埋まる事は無く、彼女の心を千々に乱す機会を伺っている「あれを見事に書きあげれば私は前に進めるなんてね、分かっていたわ……全ては願望、儚き幻想。絶望の腕が私を捉えて離さないのは必定、もう夢を見るのも疲れたわ」

備考
・MAXステータス
攻撃力:
防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
攻撃力:
防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX4進時ステータス

攻撃力:計算値)
防御力:(計算値)

備考
・MAX4進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX6進時ステータス
攻撃力:計算値)
防御力:計算値)

・MAX8進時ステータス
攻撃力:
(計算値)
 防御力:(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)