那須与一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐必滅必中の閃光‐ 

那須与一
那須与一+
那須与一++
[閃光]那須与一
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 

技巧
HS-RARE
攻撃力:6179
防御力:6118
戦力:26
ベスポジ効果:なし

技巧
HS-RARE
攻撃力:7106
防御力:7035
戦力:26
ベスポジ効果:なし

技巧
HS-RARE
攻撃力:8033
防御力:7953
戦力:26
ベスポジ効果:なし

技巧
LEGEND
攻撃力:9269
防御力:9177
戦力:26
ベスポジ効果:なし

スキル:致命的な一射:
ベストポジション:なし
トレード:可能
入手方法:ガチャ

関連家臣
[時に暴走]源義経
[筋は悪くない]天弓狐 梓

手にする弓の腕前や逸話に関しては、妖魔界にすらその顛末が伝わる程である。清廉潔白な人格の持ち主であり、誰からも愛され尊敬される武士の鑑とも言える人物である。一度戦場に出れば武功を荒稼ぎし主君に勝利を約束するが、味方を思い量る事も忘れず若輩者に手柄を譲る事も稀ではない「気にするでない、私がのんびりと弓を引く事が出来るのも矢面に立ってくれるそなた達が居てこそのものだ」

とある戦が元で片目を失ってしまうが、これでより一層狙いがつけやすくなったものだと笑い飛ばす豪胆さを持つ。戦場においては鬼神の如き気迫を放つ彼女も、平時の際は温厚で多趣味である一面を持つ。女性として見た場合の魅力については語るまでも無く、源義経と並び女すらも虜にする魔性の魅力を持つと囁かれる「何故掃いて捨てる程居る男共を差し置いて私に文など……分からん、そもそも私も女だぞ?」 公私に渡り順風満帆と言えた那須与一。だが、出すぎた杭は打たれるとばかりに、仕えている家や周辺の諸家諸侯との折り合いが合わず出奔する事となった。特定の主を持たず、放浪の旅を続けながらも弓の腕には一層の磨きがかかり、その技は最早人智の及ばない領域まで達しようとしていた「つまらぬ謀に心を砕く暇あらば、何故それを自己の鍛錬に充てぬのか……」 弓の腕は人間界のみならず、妖魔界においても突出した物となる。その実力を見越して引く手数多となるが、未だ特定の主を持たない与一。だが、旅すがら立ち寄ったとある狐妖の城と、奇妙な住人達の事が頭から離れない。自分が真に力を預けるべき主君と成り得るのか?その答えを探す為、与一は再びあの城へ足を向ける「仕えるべき者を見誤るのはもう懲りた……だが、あの方であれば、あの城であれば……」
備考
・MAXステータス
攻撃力:
防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
攻撃力:
防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX4進時ステータス

攻撃力:計算値)
防御力:(計算値)

備考
・MAX4進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX6進時ステータス
攻撃力:計算値)
防御力:計算値)

・MAX8進時ステータス
攻撃力:
(計算値)
 防御力:(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)