※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

家族はいいものですね

私は以前一人暮らしをしていました。
大学生活をするために一人暮らしをしなくてはいけなかったのです。

しかし、一人暮らしは大変でした。
家事をやらなくてはいけないという事もあったのですが
一番大変だったのは一人ぼっちだという事です。

とってもさびしい思いをしました。そして、周囲の人は私を助けてはくれなかったのです。
そして私はうつ病になってしまいました。

今は実家に帰ってきて、家族と一緒に生活をしています。
一人暮らしの時よりも、気楽さは減りました。
しかし、それでも一緒に暮らしている人が居るというだけで安心感が全然違います。
やはり家族はいいなあとおもいました。

これからは、家族とともに楽しく生活していきたいですね。

 

竜馬の妻とその夫と愛人(芝居)を観た

 

三谷幸喜と東京ヴォードヴィルショーのタッグが生んだ名作「竜馬の妻とその夫と愛人」は、初演から十数年の歳月を経ても、劇団代表作としての輝きを失っていない。

劇場が紀伊國屋ホールから小劇場のすずなりに。居間と土間を一体化し、ずいぶんコンパクトな劇空間になった。舞台狭しと動き回るような躍動感には欠けるが、逆に、役者の表情やセリフ運びの上手さなど演技が際立った。

また、夫松兵衛役が、平田満から綾田俊樹に変わった。平田の素朴さも良かったが、育ちの良さと人柄の良さが全身からにじみ出る綾田松兵衛にも、ひと味違った魅力がある。

今回、音楽の生演奏が加わった。海援隊の千葉和臣がギターを奏で、アコーディオン奏者園田容子が優しい調べを紡ぐ。終盤にかけて情緒的な描写が多くなるため、音楽との融合は効果的だった。
 

仕事馴れしていないバイト君

うちのネコ

万引きはしてはいけません

子供がキレた話

浜田ブリトニー 35kg