衣類

このページでは着る[W]ことができるアイテムを扱います。

アイテムを見たときに書いてある打撃・斬撃・攻撃コスト等は武器として手に持った時の数値で、着用時には意味がありません。
逆に防御力や収納箇所などの数値は着用している時のみ効果があります。
同じ名前の衣類は1箇所につき2枚まで着用できます。また、着合わせによっては動作制限に余計にペナルティーを受けます。
着用には手間のかかるものほど多くのmovement pointを消費しますが、脱衣は一律250のmovement pointを消費します。

装備部位とLayer

装備部位はどの位置に身に着けるか、Layerは着用する階層、または着方をあらわします。
いくつかの衣類は複数の箇所をカバーします。(ドレスは胴体と両脚・着ぐるみは全身、など)
同じ胴装備でも、タンクトップなら肌に密着、防寒コートなら衣服の上に羽織ります。バックパックはストラップで締めている形になります。
同じLayerの装備を複数着てしまうと、動作制限への影響が大きくなっていきます。

胴体なら肌着、衣服、上着、帯、腰周りの5つのLayerがあります。

防御力

  • 被覆率はその衣服がその部位のどれだけの部分を覆っているかを表しています。これが高ければ多くの場合攻撃を防ぎますし、低ければ素通りしてしまいます。
  • 暖かさは寒さや凍傷への耐性です。ただし、高すぎると(夏は特に)暑さで困る事になります。
    暑過ぎ・寒過ぎは能力や士気にペナルティーを与え、睡眠の妨げにもなります。
  • 環境防護はどれだけ病気やステータス変化から守られているかです。
    環境防護は病気の強度以上のものを選ぶべきです。
  • 耐打、斬撃、耐酸、耐火はそれぞれの属性のダメージへの直接的な防御力を示します。銃撃は切断、爆発は打撃に分類されます。

収納箇所

このゲームの衣類には、環境やゾンビの歯から身を守る事に加え、持てる物を増やすという重要な機能があります。
持ち物をどれだけ持てるかは、筋力に依存した重量制限の他に、どれだけ嵩張るものを持てるかという容積の制限があります。どんなに筋力があって重いものを持てても、何本ものペットボトルを持って自由に行動することはできないでしょう。
下着などの収納箇所は0ですが、ポケットがたくさん付いたコートなどは収納箇所の値も大きくなっています。
収納の為の装備として、バックパックやホルスターなども衣類として扱われています。
衣類の選択は、この収納箇所を(後述の)動作制限をいかに抑えながら増やしていくか、という点もポイントになるでしょう。
また、なんらかの要因によって収納容量より多い容積の物を持っている場合、全ての部位の動作制限に越えた数値に応じたペナルティーを受けます。

耐久性

全ての衣類は「HP」を持ちます。羊毛・革・綿布・ガラス・ケプラー製のものは切断でダメージを受け、プラスチック・鉄・鋼・銀製のものは打撃でダメージを受けます。
防御力が高ければダメージを受ける確率を下げ同時に肉体へのダメージを減らしますが、アイテムへのダメージは常に1固定で減らすことはできません。
受けたダメージが4を超えた場合そのアイテムは傷つきます。
補強状態(++)のアイテムは追加で1のHPを持ちます。
重ね着の順番は装備を保護する為に重要になります。([+]で変更できます)
防御力が高いものの上に低いものを装備していると、逆の場合より速く装備は劣化するでしょう。(並び替えの画面で下のものほど実際には上に着ています)
仕立て屋キットや裁縫道具は裁縫スキル、はんだごてや溶接機は機械整備スキルで修理・補強ができます。
既に損傷している衣類を修理するときには、無傷のものより高い確率で失敗しアイテムにダメージを与えます。補強(状態にするのは修理するより低確率でしか成功しませんが、逆に裁縫スキルの練習のチャンスでもあります。

動作制限

厚いコートを羽織ったり、セーターを何枚も重ね着すれば当然動き難くなります。手袋を履けば細かい作業はやりにくくなるでしょう。このゲームではそのペナルティを動作制限という数値で表現しています。
重い、厚い、嵩張る、といった衣類はその分制限が大きく設定されています。この制限は自分にあった(フィットと表示される)ものを選ぶことで軽減できます。
動作制限は部位ごとに戦闘や移動に特定の悪影響を及ぼします。
  • 胴:近接攻撃命中率と回避率減少、水泳時の行動コスト増加、近接攻撃と投擲のコスト増加
  • 頭:現時点でのペナルティなし
  • 目:罠発見率と遠隔攻撃命中率減少
  • 口:口を覆うと呼吸が困難になり、スタミナの回復量が減少します。
  • 腕:近接攻撃の消費スタミナや遠距離攻撃の精度に影響
  • 手:リロード速度減少、投擲の命中率減少、クラフト成功率にペナルティ
  • 脚:移動速度減少、回避率減少、水泳時の行動コスト増加
  • 足:移動速度減少
各部位の制限のうち、胴の制限は攻守に影響が大きく、近接メインなら特に重要です。
胴の制限が30ともなれば、近接戦闘と回避スキルに-3、攻撃コストに+30のペナルティとなります。
これは、序盤のスキルLvでは命中は絶望的、その上軽量なナイフで戦っても重い斧より鈍い振りとなる状態で、当らない攻撃を繰り出す間にゾンビに何度も噛まれる、などという事態に陥ります。
接近戦の可能性があるならば、序盤は19以下程度(回避ペナルティが10ごとに加算される)に押さえるべきでしょう。

ポケットとフード

装備によってはポケットやフードが付いています。
ポケットは収納箇所とは別のもので、手を入れることでその装備の6割程度の暖かさを得るものです。
ポケットが付いた装備を着ている状態で、素手、または容積が1までのものを持った状態なら機能します。
フードは頭の暖かさを高めるもので、ヘルメット類を被っていなければ機能します。

衣類のサイズ直し

サイズ直しは修理と同じ手順で行いますが、優先順位は修理>サイズ直し>補強です。
サイズ直しをした衣類には(フィット)のタグがつき動作制限が減少します。
サイズ直しができない物もあります。