夜間探索ガイド

翻訳元→http://www.wiki.cataclysmdda.com/index.php?title=Night_Raids:_Guide

夜間探索は非常に難しい戦法ですが、持ち物や慎重な行動によって多少難易度を下げることができます。

準備

 上手な夜間探索は日中から始まります。
 具体的には、何が欲しいか、どこで手に入るのか、地図上のどこにあるのか、つまりどこへ行くのかを決めましょう。日中に周辺を徒歩や車両で散策するなどして、手始めに情報を仕入れます。マッピング済みエリアを2倍に増やす双眼鏡や、特性の偵察力は、周辺偵察の貴重な機会を作り、より安定した人生に繋がります。
 目標の周辺を大体マッピングしたら、探索計画を立てましょう。家屋ではまあまあ良い感じの衣服、ゲーム初期であれば新鮮な食料、他にも役に立つアイテムを入手できます。家屋には店ほど大量のゾンビは集まっていない傾向にあるので、町の中心部へ行く前に家屋を漁っていきましょう。公園など、トラブルが事前に想定される地区を通らないように進みましょう。発見されると、ゾンビの出す音で不用意に注目を集めてしまうことになります。
 目標地点へ到達するまでにどれくらい時間がかかるか、ある程度予想しておくのが理想的です。目的地に午後9時~10時ごろ到着したのなら、暗闇の中でより長く行動することができます。ゾンビと遭遇してしまったときの行動計画はありません。即興で行動し、また、即興で行動できる余裕を持ちましょう。

装備のチェック

 探索の際は、いつもより良いアイテムをたくさん入手できるでしょう。たくさん持って帰るために、以下の事に気を付けてください。

  • バックパックやカーゴパンツなど、収納箇所が可能な限り多い装備で探索に向かいましょう。
  • 食料や水も必要ですが、家屋に侵入するならその場でで十分な量を確保できます。一方で車両修理工場や重火器専門店には食料や水があまりありません。探索の間に飢餓や脱水で死ぬことはまずありません(水を飲まずに3日間は生きられます)が、速度が低下します。
  • 暗闇の中で視界を確保する手段も必要です。夜目の特性を取得するのが理想的です。光増幅ゴーグルもいいですが少々嵩張ります。懐中電灯を使うのはただのバカです(ゾンビに光で位置を知らせているようなものです)。
  • バールはドアや窓だけでなくゾンビも無力化できるいい装備です。持っていくのは1つで十分ですよ。

重要事項

  • 快適な探索のため、近づいてきたゾンビに対処する近接武器を持っていきましょう。銃(もちろんサイレンサー付き)は22口径などの威力の弱いものは避け、緊急時にのみ使います。銃声は倒した数より多くのゾンビを惹きつけます。
  • ゾンビは夜目が利きませんが、臭いや音を感知することができます。闇夜は範囲攻撃からあなたを守ってくれますが、付近のゾンビは徐々にあなたを目指して移動してきます。
  • バールは鍵のかかったドアを最小限の音で開けることができます。ドアや窓を破壊すると大きな音を立ててしまいます。窓を破るのは緊急時の手段にとどめましょう。もし可能なら、窓を取り外しておけば、敵にガラスを割られることを防げます。
  • 懐中電灯は絶対に使わないでください。他の生物も光を感知できます。闇をみているとき、闇もこちらを見ているということを忘れずに。懐中電灯を一瞬点けてすぐ消すのは許容範囲ですがやはり危険な行動です。良い使い方としては、一瞬懐中電灯を点けて店内のアイテムを確認しておく方法があります。懐中電灯を点け、「V」キーでアイテムをチェックし、すぐに消せば簡単に把握できます。
  • 夜目の特性・突然変異は大変役立ちます。巨体ゾンビや凶暴ゾンビが隣に来る前に把握できるので、逃走のチャンスが増えます。もちろん家屋を探索するのにも役立ちます。
  • 弓はあなたの周囲のゾンビやその他の脅威を排除することができます。弓やクロスボウは音を立てないので、ゾンビはあなたの臭いを追跡することしかできません。
  • ショッピングカートや手押し車があれば掴んで持っていきましょう。多少音が鳴りますが、自分で通常持てる量の約3倍のアイテム積載量があります。逃走する必要がある時はカートが自分の後ろに来るようにすれば、背後からのゾンビの攻撃を防ぐことができます。