白/White


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

白 / White 

白/Whiteは、マジック:ザ・ギャザリングにおける色の1つ。平和や秩序、正義を表す。略号はW。

 

・色の特徴

ライフの回復やダメージの軽減に長け、平等化という意味でリセットボタンも多く存在する。行動の制限や抑制なども長けている。
法を信奉する者として「ルールの制定・変更」や組織としての一面を持つ、以下のような力を持つカードが多い。 
呪文を唱えることの禁止(オアリムの詠唱/Orim's Chant、法の定め/Rule of Lawなど) 
アンタップの制限(明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star、塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinkerなど) 
徴税をイメージさせる、追加コストによる攻撃制限(亡霊の牢獄/Ghostly Prison、安全の領域/Sphere of Safetyなど) 
税収としての限定的な土地サーチ(土地の寄進/Gift of Estates、税収/Titheなど)
基本的なプレイスタイルとして、強固な防御体制を敷くものや、大量のクリーチャーを素早く並べて相手を殴り倒すものがある。まれに、ライフを過剰に得たり、崇拝/Worshipや最下層民/Pariahなどで防御を固めすぎて相手が投了する場合もある。
小型クリーチャーに優秀なものが多いのが特徴で、白ウィニーは古来よりウィニーデッキの代表格である。先制攻撃、二段攻撃、レンジストライクなどといった戦闘を有利にする能力が多くあり、攻撃クリーチャーの除去やプロテクション、警戒など攻防一体の能力も多く存在する。飛行に関しては青についで2番目の色とされているが、小型クリーチャーの質が高いため小型なら青に勝る。大型クリーチャー(ファッティ)においても、怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath、悪斬の天使/Baneslayer Angel、エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeriaなど、非常に制圧力が高いものが控えている。パワーよりもタフネスが高いクリーチャーが圧倒的に多く、クリーチャー1体あたりの生存率は比較的高い。
クリーチャー・タイプは、種族では人間、天使、鳥(エイヴン)、猫(レオニン)、象(ロクソドン)など、職業では兵士、騎士、クレリックなどが多い。
エンチャントに関してはエキスパート。単体除去、全体除去を初め、サーチ、回収、リアニメイト、参照したりと様々なシナジーがあり、白だけでほとんどのことができる。そのため、白は「エンチャントの色」と呼ばれており、対抗色の赤と黒がエンチャントの対応を苦手とすることとは対極的である。
アーティファクトの扱いは回収、再生、装備品とのシナジーなど、アーティファクトの存在を尊重するようになっている。除去も得意。
土地はコントロールしている土地の数が相手より少ない場合といった条件付きのサーチができる。また、土地のアンタップ制限も持っており、これによりマナ拘束が可能。
除去に関しては大量破壊が可能。反面、エンチャントとアーティファクト以外のパーマネントを狙い撃ちにして破壊することは苦手である。クリーチャーの除去に関しては、自分を攻撃しているクリーチャーに対する受動的なもの(懲罰/Chastiseや糾弾/Condemnなど)、何らかのリソースと引き換えにするもの(剣を鍬に/Swords to Plowsharesや流刑への道/Path to Exileなど)など、制限付きのものに限られる。また、土地以外のパーマネントの一時的な追放や抑制には長け、この手段でクリーチャーを殺さずに対処することもできる(忘却の輪/Oblivion Ringや平和な心/Pacifismなど)。タッパーを使った抑制も得意。
サイクルを組まれるとライフの回復になることが多く、使われにくい。
どんなことにも対応できる高い汎用性が魅力だが、反面、大雑把で小回りが利きづらいことが欠点である。

 

・得意とする機能 

プロテクション、警戒、先制攻撃、二段攻撃
ダメージ軽減・移し変え
全体強化、タフネス強化
クリーチャーのタップ・アンタップ(タッパー)
攻撃クリーチャーの除去 (レンジストライク)
攻撃制限
クリーチャーを一時的に追放(解放/Liberate)
土地以外のパーマネント除去、全体除去
エンチャントの徹底除去
オーラによる擬似除去(平和な心/Pacifism)
オーラの制御
ライフ回復
土地の均衡を保つ(土地の寄進/Gift of Estates)
アンタップ制限、呪文を唱えることの制限