撹乱的アグロ/Disruptive Aggro


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



撹乱的アグロデッキについて。

撹乱的アグロデッキとは、コントロール・コンボやミドルレンジ・コントロールのパワフルな脅威を展開されても、ゲームが終了するまでそれらの脅威から身を守り続け、アグロ・コントロールの除去、ディスカード、カウンターのプレッシャーからたちまち回復し、相手のゲームプランの根底を覆す様なデッキを指す。このデッキは通常、少ない数の脅威が含まれているという点でミッドレンジのビートダウンデッキ異なり、除去するのが難しい事に焦点を当てている。

通常、ミドルレンジデッキよりも遅く、金魚が泳ぐスピードと同じ位の早さだが、戦場からの攻撃を受けにくくする傾向がある。(全体除去の影響などから。)


撹乱的アグロデッキ構築の為のヒント

◆撹乱的アグロデッキは、他のデッキのコンセプトを食い物にし、ある特定の脅威を奪い去り、機能出来なくさせ、機能障害に陥れる。ここでは古典的なカウンター呪文が見られ、破壊的カード、個別除去、時には全体除去も採用されている。《強迫/Duress》や《マナ漏出/Mana Leak》、《破滅的な行為/Pernicious Deed》などがこのデッキに採用される。

◆全てのコストは効率よく!回答の為に脅威をプレイしてはいけない。あなたのクリーチャーは、フィールド内の痛みになるか、少なくともあなたに与える十分な利点であるべき、撹乱的アグロはビートダウンデッキよりも「アグロ」のクリーチャーは少ないが、戦場に出た時に何かをするクリーチャーが多い。それらは《永遠の証人/Eternal Witness》、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》、《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》、《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》を含んでいる。

◆撹乱的アグロデッキは、通常、自分自身を守るための一つの方法または別のを見つける、しかし、自分のクリーチャーのほとんどは他のデッキのために不利益を与えることを試みる。ここでは多くの場合、あなたがコントロールデッキに期待するものとは違い、専用のボードコントロール要素を見つけることができる。それらのカードよりももっとコントロール要素が積極的なカード。《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》、《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》、《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》、それと《業火のタイタン/Inferno Titan》の様なカード達です。



デッキアーカイブ / Deck Archive