※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


日本語で言い直すと、“6冊6国6大陸チャレンジ”になるかな?面白そうでしょ?簡単なルールは、世界の6大陸(これ、ちょっと正確じゃないんですが。後でフォローします。)から6つの違う国を選び6冊の本を読むこと。本は話の設定がその国であるか、著者自身がその国の出身である事。そして、国の重複は無し。

6大陸の設定が:アフリカ、アジア(中東、南西を含む)、オセアニア、ヨーロッパ、北米(中南米とカリビアン諸国を含む)、南米、となっているんですね。

このチャレンジ、日本のブッククロッサー同士でもできると思うんですよね。無理に英語の本を読まなくても、翻訳本もたくさんあるし。6冊は多いとして、3冊づつでも面白いと思います。

チャレンジ内容、ルールについて細かく説明されているブッククロッサーさんのブログ記事を紹介してみました。
興味がわいたらリンク先に飛ぶと詳しく読めます。

6冊6国6大陸のtwitterハッシュタグは #6冊6国6大陸 です!
ゴール達成を目指して他の挑戦者と励ましあったり本のシェアを集うのもよし、読んだ本の感想を伝え合うのもよし。
楽しく活発に意見交換をしてゴールを目指しましょう!