※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開設しました

めちゃ素人なんですが
スマホからバリバリUPできると
人から聞いたので
わたしも開設しちゃいました・・・
気軽にのぞいてみてください

相続できる遺産があるという人はとても多い物なのです。
遺産を相続できるのは、親族になりますが、その中には、代理で相続できると言う場合もあるのです。
また、遺産相続には代襲相続があり、この言葉自体知らないと言う人もたくさん居ます。

まず、この代襲相続というのは、被相続人が亡くなってしまうよりも先に相続人が亡くなってしまった場合にのみ関係する言葉なのです。
もし、被相続人よりも先に相続人が亡くなってしまったら、その相続人の直系卑属が相続できるようになります。
この直系卑属似なれるのは、相続人の子供などなのです。
相続人の子供と言うと、被相続人から見れば孫という形になります。
また、孫が居ない場合などは、曾孫、玄孫と続きます。
更に、被相続人の兄弟姉妹の子供も、代襲相続があるので、相続人の代わりに受け取れます。
被相続人から見れば、甥や姪で、そこまでしか代襲相続はありません。
また、反対に代襲相続になれないのは、被相続人の直系尊属にあたる人物になります。

代襲相続が発生するのは、被相続人の子供は相続開始前に亡くなってしまった場合になります。
反対に、代襲相続が発生しないのは、相続人が相続を放棄してしまった時になります。
放棄してしまった後は、相続できる遺産があるという人はとても多い物なのです。
遺産を相続できるのは、親族になりますが、その中には、代理で相続できると言う場合もあるのです。
また、遺産相続には代襲相続があり、この言葉自体知らないと言う人もたくさん居ます。


こんな風に、少し難しいのが代襲相続ですがもし詳しく聞きたいという事があれば、裁判所などに聞いてみるのが一番よいのです。
裁判所などで聞くと、とても分かりやすく丁寧に話をしてくれるでしょう。