プチ断食でダイエット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

プチ断食のオーソドックスなやり方としては「断食の前準備」「断食」「断食からの回復」を各1日ずつ行い計3日かけて行います。
土日休みの人なら週末の金・土・日の3日間でやるのが生活リズムを崩さずに済むのでいいのではないでしょうか。

まず「断食の前準備」についてですが断食を本格的に行う前に体を慣らす目的で行うものです。
やり方としては朝食を通常どおり取り、昼食は通常の7~8割位の量として、夕食は通常の半分位の量を取ります。急に食べ物を取らなくなると胃にも負担をかけることになりますので、胃を慣らすためにも徐々に減らしていくやり方をします。

注意しなければならないのは夕食を就寝の3時間前には済ませておき、アルコールは断食中は控えるようにしましょう。

次に本番の「断食」ですが、この日は食べ物を一切とらないようにします。しかし何も口にしないと脱水症状を起こす危険性がありますので水分は通常より多目にとるようにしましょう。

最後に「断食からの回復」ですが、30時間は最低何も食べていない状態で迎えるのがこの日の朝食ですので胃腸に急激な負担をかけないようにお粥など消化がいいものを少量いただくようにしましょう。その後は昼食を通常より少な目の量を、夕食は通常より少な目か普通の量を取るようにしましょう。

この回復の日がプチ断食では一番重要になります。お腹が空いているからと暴飲暴食になりがちですが、ここでやってしまっては断食をしたこと自体無駄になりますので注意しましょう。
 

難聴と難聴治療