www.besttojp.com > product > mh.html


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

麻黄
鎮咳、抗アレルギー作用 。呼吸興奮、中枢興奮作用、交感神経興奮 。散瞳作用は眼底検査などに応用されたが、漢方における麻黄本来の薬能と結びつく薬理作用は当時の西洋科学吸収の陰で忘れ去られた漢方医学の為か、当時はその効果は知られず、気管支喘息治療に有効であることが明らかにされた[誰?]のはずっとのち、1924年のことであった。中枢性治鎮咳作用 。発汗、鎮静、去痰薬として、皮膚の排泄機能障害による呼吸困難、喘咳悪寒、身体疼痛、骨折痛などに応用する。喘息のような呼吸困難や咳、そして体が痛かったり全身が黄ばんで浮腫があるような場合に、麻黄は欠かせない。節と節の間の部分に発汗作用があり、節と根に止汗作用がある。
生薬
田七人参