※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歴史


 個人的にスペインの歴史を考える際、最初に注意すべきこととして、スペインの成り立ちを知っておくことが重要と考える。


  • 古代イベリア半島(Iberian Peninsula)
ヨーロッパ大陸の南西端に位置。東西約1100km、南北約1000kmの方形で、総面積は約58万km2である。
また、その約85%をスペインが、約15%をポルトガルが占めている。

北と西が大西洋に、南と東が地中海に面して、北東部はピレネー山脈を境にフランスに面し、南西端は最狭14kmのジブラルタル海峡をはさんでアフリカ大陸に面している。そのためにイベリア半島は、ヨーロッパやアフリカの多くの民族と文化の交流と融合の場となっていたとされる。

しかし、原初期のイベリア半島がどのような状況であったのか、ほとんど知られていない。
そもそも「イベリア(Iberia)」という固有名詞の語源自体がどこから来たのかわかっていないという電波ぶりである。
語源についての詳細は言語にて。

わかっていることとすれば、「ピレネー山脈から向こう側はアフリカ」という認識をされていたことくらいである。そう考えると、山脈を越えた先に新たな民族が住んでいるのを知った当時の人からしたらUMA的だったんじゃないの。


  • ローマ帝国時代
紀元前2世紀、ローマとカルタゴが争ったポエニ戦争の影響を受け、紀元前205年にイベリアはローマ軍の手に落ち、その後ローマの支配を受けることになり、イベリア半島はヒスパニア(Hispania)と呼ばれる。
ローマ支配のもとでは半島住民のローマ化が進み、俗ラテン語が広まる。


年表はちょっと待ってね