聖杯祭について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

▼聖杯祭について
  • この時期は何故か22日から一週間晴れ続ける。
  • 大災害から5年間を除き、始まって以来毎年行われている。とても歴史のある祭りである。ちなみにこの年は災害から50年目に当たる。
  • 50年以上前のことは聖杯を含めて焼けてしまったためわからない。過去の資料は御三家のどこかが持っていってしまった。
  • 祭りで使う道具は、普段は記念館に収められている。
  • ポスターの審査をやるらしい。
  • 審査員は「小野一郎」「野月信介」「リリス」「葉月由香里」など10人
▽図書館の絵本の内容
むかしむかし、このふゆきのちに
とてもつよいちからをもった かみさまがおとずれました
かみさまは、いたずらずき
いたずらしては、くすくすとにんげんをわらいました
そんなかみさまにこまったひとびとはいいました
「いたずらばかりして にんげんをこまらせるようなかみさまは
このちにはいりません」
かみさまは それをきいておこってしまいます
しかし、あるえいゆうが かみさまのいかりを
うまくしずめることにせいこうします
かみさまはそのひとへと 「せいはい」をわたしてこのふゆきのちをさりました
そのせいはいは、つよいちからをもち
ひとびとのねがいをかなえる、といわれています。
えいゆうは、そのせいはいを
わるいことにつかわれてはこまる、と
このふゆきのちのどこか、だれもしらないばしょへとかくしました
ふゆきのちに せいはいがきてから
このちはずっとへいわのままでいることができました
きっとせいはいのおかげだ!そうかんがえたふゆきのひとたちは
まいとしずっとせいはいにかんしゃする おまつりをひらくことにしました
いまでもそのおまつりは まいとしにぎわう おおきなおまつりです
  • これについて、柳洞寺の住職は寝物語だと解釈している。