Animus(アニムス)



L'Animus è stato creato da Abstergo Industries utilizzando la ricerca del Dott. Warren Vidic, massima autorità mondiale sui ricordi genetici.
Sebbene l'Animus sia un'invenzione di Abstergo, una versione del dispositivo è stata sviluppata anche dalla Confraternita degli Assassini.

アニムスはアブスターゴインダストリーズの遺伝子記憶研究の権威であるウォーレン・ヴィディック博士によって開発された。
アニムスはアブスターゴの発明であるが、簡易デバイス型のバージョンがアサシンの同胞によって開発されている。

Dalla creazione della tecnologia Animus nel 1980, Abstergo lo ha usato su almeno 17 soggetti test, e la macchina stessa è stata rielaborata attraverso diverse iterazioni.
Nel 2002, incominciarono a produrre Animi in numero maggiore, e furono costruiti grandi impianti nelle location di Philadelphia e Roma.

1980年にアブスターゴが設立されて以来、アニムスの技術は少なくとも17人の異なる被験者を使用しその成果によって改良されてきた。
2002年に、アブスターゴはより膨大な数のアニムスを製造するために大規模な工場をフィラデルフィアとローマに建設し始めた。

Abstergo Industries ha creato l'Animi Training Program per addestrare i propri soldati Templari in combattimento.
In un primo momento, l'Animus poteva solo visualizzare la storia genetica personale di un individuo.

また、アブスターゴインダストリーズは、テンプル騎士を私兵として訓練するためアニムストレーニングプログラムを開発。
初期の頃のアニムスは個人の遺伝的記憶が持つ歴史のみしか見ることができなかった。

Tuttavia, mentre la tecnologia progrediva, Abstergo sviluppò il Data Dump Scanner, che permetteva a un individuo di rivivere i ricordi della storia genetica di altre persone.
Fu usato la prima volta in Project Legacy, un'iniziativa progettata per ottenere nuove informazioni su Assassini e Frutti dell'Eden.

しかし、技術の進歩により、テンプル騎士団は他人の遺伝的記憶や経歴を追体験できるデータダンプスキャナーを開発。
この計画はプロジェクトレガシーと呼ばれ、アサシンとエデンの果実に関するさらなる情報を得ることを最優先事項として計画され、用いられた。

Nel 2012, il Dott. Vidic utilizzò l'Animus nel tentativo di trovare una Mela dell'Eden per completare il progetto satellitare Eye-Abstergo.
Quando il Soggetto 16 si suicidò, impazzito per l'Effetto Osmosi (a causa della sovraesposizione alla macchina), il Dipartimento Ricerca e Acquisizione Discendenti recuperò il Soggetto 17, un uomo di nome Desmond Miles.

2012年には、ヴィディック博士がアブスターゴの目と呼ばれる衛星打ち上げプロジェクトに用いるエデンの果実を探し出すために使用。
被検体16号が(機材からの過度な負荷からの)流入現象により自殺したことに憤慨した彼は、子孫の調査および買収部門(Research&Acquisition Descendants)にて被検体17号となるデズモンド・マイルズという男を探し出す。

Anche se Desmond fu in grado di individuare una Mela dell'Eden, fuggì con l'aiuto degli Assassini e poi tornò per uccidere Vidic.

デズモンドは、エデンの果実を見つけ出した後、アサシンの助けを得て逃走し、その後ヴィディック博士を暗殺するため舞い戻った。

Nel 2012, Abstergo Entertainment utilizzò la tecnologia per creare simulazioni storiche interattive, a cominciare da Liberation.
Sebbene Abstergo commercializza le sue esperienze virtuali come prodotti per l'intrattenimento, controlla i dati degli utenti risultanti, in una ricerca senza fine dei Frutti dell'Eden.

2012年には、アブスターゴエンターテイメントが歴史シミュレーションを制作するためにこの技術を使用し、リベレーションを開発する。
アブスターゴは、エンターテイメント製品として仮想体験を販売しているが、その裏でユーザーのデータを絶えず監視し、今なおエデンの果実の追求を続けている。

◆ ◆ ◆





|