Hatham Kenway(ヘイザム・ケンウェイ)



Hatham Kenway (1725-1781), a principled man and formidable Templer, found him self on the wrong side of both history and his son.

信念をまとった恐るべきテンプル騎士であるヘイザム・ケンウェイ(1725-1781)は、歴史と自身の息子の裏に自分を見いだした。

Haytham's father was Edward Kenway, who trained him with a secret purpose. But one day, young haytham's home was burned, his half-sister taken, and his father
killed. Reginald Birch, a family friend, revealed he was a Templar and offered to help.

ヘイザムの父は、エドワード・ケンウェイであり、彼は目的を隠してヘイザムを訓練していた。しかし、ある日まだ幼いヘイザムの家は何者かに燃やされてしまう。義理の姉は連れ去られ、父親は殺されてしまったのだ。家族の友人であったレジナルド・バーチは、自身がテンプル騎士であることを明かし、助けることを申し出た。

Years passed and Haytham became a ruthless and efficient killer for the Templars. He was sent to the colonies to establish order and find a crucial First Civilization site.
He secured the assistance of Kanien'kehá:ka natives by freeing several captives, including Zio, with whom he had an ill-fated but passionate affair.

年月が過ぎ、ヘイザムはテンプル騎士の冷酷で有能な暗殺者になっていた。彼は、騎士団の礎を築くため、そしてかつて来たりしものたちの神殿を見つけるため、命令を受け植民地へと送り込まれる。
その地で、数人の捕虜を自由にすることによりカニエンケハカと呼ばれるモホーク族の援助を得た彼は、その中にいたジーオと情熱的な関係を持つようになり、彼自身の運命を狂わせることになる。

When Haytham found his sister, she revealed that the Templars were behind the attack on his home. Edward had been an Assassin, and Birch had him killed for his secrets.
Once Birch was dead, Haytham returned to his role, disillusioned by Templar corruption.

その後、姉を見つけ出したヘイザムは、彼女の口から我が家を襲った事件の背後にテンプル騎士団がいたことを知る。父エドワードはアサシンであり、バーチは彼の持つ秘密のために彼を殺害したのだった。
バーチの死後、ヘイザムは元の役職に戻るが、テンプル騎士団の腐敗に幻滅する。

Haytham wanted to control the growing American Revolution, but the half-native Assassin Conner sabotaged his efforts. Haytham realized Conner was his son with Zio, and while he tried to find common ground, he know reconciliation was impossible. Haytham fell to his son's Hidden Blade.

ヘイザムは、エスカレートするアメリカの革命を統制しようとしたが、先住民と白人のハーフのアサシン、コナーが彼の野望を打ち砕いた。ヘイザムは、コナーが自身とジーオとの息子であることに気づいたが、お互いの共通点を探ろうとしたところで、結局は和解などできないということも分かっていた。
ヘイザムは、自身の息子のアサシンブレードによって命を落とした。




|