Edward Kenway(エドワード・ケンウェイ)



Edward James Kenway (1693-1735) was a pirate trained by Assassin whose dream of making something of himself came true in a way he never could have imagined.

エドワード・ジェームズ・ケンウェイ(1693-1735)は、成功するという夢を彼自身決して考えもしなかった方法によって実現させた、アサシンによって鍛えられた海賊である。

Edward was born in Swansea, Wales and at the age of ten his family relocated to a farm in Bristol. This pastoral life did not agree with the young Edward who became a well-known troublemaker by the time he was in his teens. At 17, this reckless young man met Caroline Scott and year later they were married, much to her well-bred family's dismay. Edward was committed to providing for his new wife, but quickly fell back into his old habits. in a desperate attempt to get rich, he clung to a dream of privateering.
Caroline left him soon after, knowing that she could not persuade him to stay.

エドワードは、スウォンジー今のウェールズで生まれ、10歳の時に彼の家族とともにブリストルの農場に移住する。10代の頃の彼は有名なトラブルメーカーで若いエドワードは、この牧歌的な生活に馴染めなかった。17歳の青年になった彼は、キャロライン・スコットと出逢うと、彼女の家族の反対を押し切り二人は数年後に結婚した。
エドワードは、妻に尽くすことを約束したが、彼はすぐに古い習慣に戻ってしまった。豊かさのために必死になる中で彼は、私掠船員としての夢を追うようになった。
キャロラインはその後、自分のそばにいてくれるようにエドワードを説得しきれないことがわかると、彼の元を去った。

Across the Atlantic, Edward Thatch, who would later take the name of Blackbeard, at Nassau.
Although he loved the carefree life of a pirate, Caroline was never far from his thoughts, and he still sought out a way to earn big and win her back.

大西洋の全域で、エドワード・サッチ、後にナッソーで、黒髭の名で知られることになる彼の名前がささやかれていた。
海賊ののんきな生活が好きだったエドワードだったが、キャロラインのことを思わない日は一日としてなく、彼は大物になることを夢見ては、彼女を取り戻す方法をいまだ探していた。

And then one day, Edward Kenway met an Assassin named Duncan Walpole...

そしてある日、エドワード・ケンウェイはダンカン・ウォルポールという名のアサシンと出会う・・・。

◆ ◆ ◆





|