Benjamin Hornigold(ベンジャミン・ホーニゴールド)



Benjamin Hornigold (1685-1719) had a relatively short career as a pirate before turning his back on his former comrades to become a pirate hunter on behalf of the Governor of the Bahamas.

ベンジャミン・ホーニゴールド(1685-1719)は、バハマの総督に代わって海賊ハンターとなり、彼の元仲間に背を向ける前、海賊としての比較的短い経歴を持っていた。

Much of Hornigold's life is unrecorded, although it is believed he was born in Norfolk, England. He was an early pirate, with his first activity recorded in 1713-14, which makes it likely that he was a privateer. His second-in-command was Edward Thatch, who would later be better known as Blackbeard.

彼は、イギリスのノーフォークで生まれたとされているが、ホーニゴールドの生涯の多くは記録されていない。彼が私掠船員となったのがおそらくは1713年から1714年にかけてと記録されており、彼の最初期の海賊行為だったと思われる。彼の第二補佐として知られていたのがエドワード・サッチであり、後に黒髭の名で知られることとなる。

For a short time, Hornigold was based in Nassau, where he became involved in pirates to create a free republic of pirates. Although he was a skilled sailor and strategist, many felt that he wasn't ruthless enough to succeed as a true pirate.

短期間ではあったが、ホーニゴールドが海賊の自由共和国建国に海賊として関わっていたのがナッソーであった。彼は熟練した船乗りであり、戦略家であったが、真の海賊として成功できなかった理由の多くは、海賊に必要な冷酷さに欠けたためである。







|