アサシン クリード III


Assassin's Creed III - アサシンクリード 3
ジャンル アクションアドベンチャー
オープンワールド
対応機種 PS3 / Xbox360 / Wii U / PC
プレイ人数 オフライン:1人
オンライン:未定
メディア Blu-ray (PS3)
DVD-ROM (Xbox360)
価格 ¥7770
発売日 2012年11月15日発売予定
発売元 UBI SOFT
開発元 Ubisoft
CEROレート Z指定
アサシンクリードIIIAssassin's Creed III)は、北米及びEUにおいて2012年10月30日、日本において2012年11月15日発売のユービーアイソフト開発のステルスゲーム。今作はナンバリングタイトルとしては3作目だが、アサシン クリードシリーズの据え置き機向けタイトルとして5作目にあたる作品である。

概要

今作の舞台はアメリカ合衆国の独立の最中となり、アルタイル・イブン・ラ・アハド、エツィオ・アウディトーレに続きコナー(ラドンハゲードン)が主人公となる。また、本作はシリーズ過去最大規模の作品になるという。
また、アサシン クリード III レディ リバティとストーリーを共有しており、同作との連動要素もある。

システム

物語は、1753年から1783年のアメリカ独立の時代を描いている。
アメリカ独立に関する歴史的な事件(サラトガやバンカーヒルなど)が登場するが、物語の本筋はあくまでもコナーの人生である。また、ジョージ・ワシントン、ベンジャミン・フランクリン、チャールズ・リーらの歴史的に重要な人物も数多く登場し、物語の本筋に関わる。
ゲームエンジンはリベレーションまで使用されていたAnvilエンジンを一新したAnvil Nextが使用されている。本作はアサシン クリード IIの発売後、ブラザーフッド、リベレーションの制作と並行して開発が行われてきた。
戦闘システムはより流動的に作り変えられ、ターゲットロックシステムなどが廃止された事で戦闘がよりスピーディーな物になっている。追加武器としてフリントロックピストルやマスケット銃などの火器やロープダートがあり、任意のタイミングでコンボに組み込む事が可能。近接武器にもトマホークなどが追加されており、ナイフと同時に扱う事が可能。
ユーザーインターフェースは刷新されており、前作までとは趣の異なる仕様となっている。
主人公がコナーに交代した際、木登りのシステムが解禁される。また、これを利用してフロンティアと呼ばれる未開拓地を探索する事も重要となる。フロンティアはブラザーフッドに登場したローマの約1.5倍の広さを誇り、そこに存在する様々な動物を狩猟し、皮や肉を換金する事ができる。ただしモホーク族の信条をシステムに取り入れているのか、動物を殺害し皮を剥がないでおくとゲームオーバーとなる。
ミッションのいくつかは戦地を舞台にしており、大規模な戦闘が可能となっている。帆船を改造し海洋を探索する「海戦ミッション」が追加されている。

ストーリー

18世紀アメリカ。イギリスによって形成された植民地により、先住民族であるインディアンは自由を奪われた。 イギリス人と先住民族の「モホーク族」両者の血を受け継ぐコナー(ラドンハゲードン)は自由のために立ち上がる事を決意する。彼はアサシンとなり、父であるヘイザム・ケンウェイを倒すべく戦いを始めた。 時を同じくしてアメリカ独立戦争が勃発する。コナーは独立派に協力しつつ、イギリス軍の裏で糸を引くテンプル騎士団との戦いに明け暮れてゆく。

一方、現代では昏睡から回復したデズモンド・マイルズが、手に入れた情報を元にニューヨーク近郊の宝物庫を訪れていた。そこにあった扉を開き、その先に待つ「かつて来たりし者」達の叡智を手にし現状を打破すべく、デズモンドはアニムスへと舞い戻る。 人類滅亡まで残された時間はわずか。アブスターゴ社との戦いの中で、デズモンドは己の運命を知る事となる。

登場人物

アサシン教団と協力者

コナー/ラドンハゲードン(Connor/Ratohnhakéton)
声-浪川大輔
 本作の過去パート主人公だが、序盤は彼の父・ヘイザムを操作するのため、初登場はシークエンス4から。イギリス人のへイザムとネイティブ・アメリカンのガジージーオを両親に持つ。
自然と共に暮らす彼であったが、ある日何者かに集落を焼き払われ、母を失う。成長した彼は第一文明人の秘宝に導かれ村を発つ。その後アキレスに師事し、アサシン教団のアサシンとして成長した。コナーの名はアサシンとしての師、アキレスから便宜上名付けられたもので、公式などで紹介される「コナー・ケンウェイ」という名は厳密には誤りである。
自然を愛するモホーク族出身で自分達の文化に誇りを持っている為か、非常に慈悲深い性格で暗殺をあくまで最後の手段として捉えている。アメリカ独立にあたって、自分達ネイティブ・アメリカンの居場所を少しでも作るためにアサシンになることを決意するが、理想を追い求める自分と現実に生きる人々との軋轢に苦しむ事となる。
アキレス・ダベンポート
脚の障害を理由に隠居している元アサシン教団の指導者。テンプル騎士団によって教団は彼の代で衰退してしまっている。教えを請うたコナーを一度は突き放すも、襲撃者達を打ち倒したコナーに強い意思を感じた事でアサシンとして育て上げた。
コナーからは考えの違いから反発される事もあったが愛されており、自分もまたラドンハゲードンに対し自身の息子であるコナーの名を与え愛していた。コナーの使用するアサシンブレードと衣装、ロープダートなどの装備はアキレスの物である。
ロバート・フォークナー
軍艦「アクイラ」を所有する航海士。アキレスによって紹介され、コナーの協力者となる。
ダンカン・リトル
コナーの協力者の一人。アサシンの家系だが、自身は安定した生活を望んだため、アサシンにはならなかった。叔父のミコをヘイザムに殺害されている。
ミコ
ダンカン・リトルの叔父で、宝物庫の鍵を所有していたがヘイザムに強奪された。また、過去にコルシカ島で自身のアサシンブレードをヘイザムに奪われている。
ルイス・ミルズ
新大陸に向かうヘイザムを追跡する任を負った教団のアサシン。彼が乗船したプロヴィデンス号を他の船に襲撃させ、その混乱に乗じて暗殺を図るも圧倒的な力量差により殺害された。

大陸軍

ジョージ・ワシントン
後にアメリカ合衆国大統領になる人物。高潔な精神や高い政治手腕を買われているが、自身も奴隷を使役している事の矛盾や軍事能力の低さを問われている。
実はコナーの母を集落ごと焼き払った命令を下した人物であった事が終盤にて判明する。
チャールズ・リー
ヘイザムに従うイギリス軍人。テンプル騎士団の一員に迎え入れられ、後にコナーの住む集落を焼き払い、彼の母親を殺害した事でコナーから生涯を懸けて追われる事となる。
イズラエル・パットナム
バンカーヒルの戦いでコナーの協力を受けた将軍。後に処刑されかかるコナーを救出した。

テンプル騎士団

ヘイザム・ケンウェイ
声 -堀内賢雄
シークエンス3までの操作キャラクター。彼もマイルズ親子の先祖である。アサシンの家系で、10歳までアサシンとして訓練を受けていたが、ある時強盗に襲撃され父と妹を失った。アサシンとして高い実力を持っており、満員の劇場で誰にも気付かれず対象を殺害した事さえある。
その正体はテンプル騎士団の一員であり、作中彼に襲い掛かる人物はアサシン教団のアサシンであった。
後にテンプル騎士団長として愛国派を支援する事となる。彼のアサシンブレードは序盤に殺害するあるアサシンの物である。
トマス・ヒッキー
イギリス軍兵士。粗暴な人物で、密かにジョージ・ワシントン暗殺を企てる。単純に金銭目的でテンプル騎士団および愛国派に協力しており、彼らのような明確なビジョンを持たないコナーを「甘ちゃん」と評した。
ベンジャミン・チャーチ
監禁され暴行を受けていた所をヘイザムに救出された医師。後にテンプル騎士団を裏切った事でヘイザムから制裁を受ける。

現代

デズモンド・マイルズ
声 -東地宏樹
現代パートの主人公。昏睡から覚めた彼はエデンの果実を求め宝物庫へと向かい、バージョンアップしたアニムスで独立戦争時代のアメリカのアサシン、ラドンハゲードンとシンクロし宝物庫の鍵の在り処を探る。
ショーン・デイスティングス
レベッカ・クレイン
ウィリアム・マイルズ
ウォーレン・ヴィディック博士
ダニエル・クロス
 

 


|