※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

〈葵さくら〉

概要

 相手ターンのバトルで負けていない場合、プログレスを1枚サーチすることができる《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》を中心とするデッキ
 相手アタックを防ぎながら後続を呼び寄せる事ができるため、高い安定性を持つ。

《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》
プログレスカード
レベル4/白/P10000/G4000/S1
【人間】/【機械】
リンクフレーム:なし
《自》相手のアタックフェイズ終了時、
このターンの間にこのカードがバトルで負けておらず、あなたの手札が4枚以下なら、
あなたの山札を見てプログレスを1枚まで選んで公開し、手札に加え、その山札をシャッフルする。
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(9)-1ΣΣΣΣ】
相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+5000。

デッキ構築に関して

 とにかく《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》をいち早く出すことが第一目標となる。
 1枚でも展開できれば、後続を次々とサーチすることができる。

プログレスカード


―中心となるカード

 相手ターンのバトルで負けていない場合、プログレスを1枚サーチすることができる。
 また相手ターンまでパワーの上昇が継続するため、実質相手のターンではパワー19000であることと同意義となる。
 1体を展開し次の《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》サーチ、また最終ターンではブーストサーチすると良い。

―レベル1のカード
 《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》リンク条件から、基本的に採用するフレームはΣ一択となる。

 登場時、それぞれデッキまたは捨札からレベル2のプログレスを自身のいるゾーンにフォールして置くことができる。
 手札を温存しつつエナジーを1枚浮かせる事ができるが、《エースパイロット リーナ=リナーシタ》からの展開が最も効率が良いため、《魔石を詠む者 オリヴィア》を優先することも考えると良い。

 自身と他のプログレス1枚をフォールすることで任意のプログレスサーチできる。
 《エースパイロット リーナ=リナーシタ》《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》を最終戦で手札に引き込みたい。

―レベル2のカード
 基本的にレベル4への中間点となるため、その補助を行えるカードを採用したい。

 特定の条件下でレベルが+1となるプログレス
 《薔薇園の主 リゼリッタ》《誓いの女神 ユラ》からそのまま出せる。
 どちらも条件が異なるため、自分のデッキにあったものを採用したい。

―レベル3のカード
 基本的に《エースパイロット リーナ=リナーシタ》を採用する。
 《特務隊監視官 ユニ・ジェミナス》を採用していた場合、もう一種程採用することも考えられる。

―レベル4のカード
 《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》以外には、同様に相手のターンでもパワー上昇が継続するカードを使用しても良い。
 また、《一騎刀千 御影葵》《魔法少女 高峰さくら》などの様にフィニッシャーとして強力なプログレスを採用するのも良い。

―レベル5のカード
 《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》のパワー上昇は15000までである。
 そのためパワー18000に届く《覚醒 コードΣ55テルル》などを採用すると良い。

 登場時、リンク+2とパワー+2000を1体に与える事ができるプログレス
 リンク成功時のパワーも18000に届き、《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》からサーチすることで毎ターン効果を使用することができる。

 真・覚醒を持ち継続パワー上昇とゲイン能力を持つプログレス
 継続上昇値は15000と《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》と同等であるが、サーチ能力を持たない代わりにゲイン能力を持つ。
 《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》では対処し難いバーンに対応でき、《覚醒 コードΣ55テルル》の登場時能力を生かし易い。

アクションカード

 こちらもやはり展開の補助を行えるカードを採用していきたい。

 《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》の展開が最優先のこのデッキでは非常に優秀なサポートとなる。
 手札を1枚使用するものの、《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》サーチを行えると考えると安い。

戦術

 先攻1ターン目には次のターンに《エースパイロット リーナ=リナーシタ》《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》を展開するために、手札と場を整える。
 少なくとも《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》を出せるようにはしたい。

 後攻になった場合は1ターン目から《エースパイロット リーナ=リナーシタ》《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》と展開するのが理想手となる
 展開で遅れをとらない為に除去アクションを使用したいところ。

 《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》を出した場合、必ず手札を1枚以上維持したい。
 相手のターンまで継続的にパワーが上昇するとはいえ、パワー15000に届くプログレスは多い。
 手札1枚を維持できれば、実質手札消費0でパワー19000となるためサーチ能力と相まって非常に固い壁となる。

 その後は、手札に必要以上のブーストを持たない様注意しながら毎ターンブーストを展開していきたい。


弱点

 基本的に守りのデッキであるため、バーンに弱い。
 ゲインを適宜行い、対応していきたい。

 また《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》のリンク成功を前提としてプレイングを行うため、リンク失敗はできるだけ避けたい。
 《覚醒 コードΣ55テルル》でのリンク補助や自身の効果によるデッキの圧縮、残フレームの確認は必ず行いたい。


代表的なカード


関連項目


コメント

名前: