リンク-リンクステップ開始時


概要

 レベル2以上のほとんどのプログレスが持つリンク
 リンクの基本ルールに関してはリンクを参照のこと。

 自分ターンアタックフェイズリンクステップ時のみ使用できる。

 多くのカードパワーを上昇させる能力であり、やはりリンクは積極的に行うと良い。
 ただしアタックが完全にガードされてしまう場合には、無理に使用して次のプログレスのリンク成功を阻害してしまう事も考えられるため、使用しない選択することも多い。

リンクステップ開始時のリンクを持つカードのリンクの処理

リンクの使用宣言

 自分ターンアタックフェイズ時のガードステップ後に訪れるリンクステップ時に、リンクを使用できる。
 逆に、リンクをプレイヤーの意思で使用しないこともできる。
 ただし、以下のいずれかの条件の下ではリンクすることができない。 


 使用を選択しなかった場合及びリンクが使用できない場合、ダメージ判定ステップに移る。
 リンクの使用を選択した場合、山札の上からリンクで指定された数値分処理ゾーンに移動する。

リンクアイコンのチェック

 リンクの使用を選択した場合、『(自):リンクステップ開始時[リンク<数値>-<リンク条件>]<効果>』で指定されている、数値の枚数分、山札の上から処理ゾーンに移す。

 処理ゾーンに移されたカードは全て同時に表向きになる。
 ただし、公式からは面白さの観点などから、山札の上から1枚ずつ表向きにしていく方法を推奨している。

 この処理の最中に山札カードがなくなった場合、処理ゾーンカードを残したまま、捨札カードリメイクする。
 山札がちょうど無くなった場合も同様である。

 その後、それらのカードリンクフレームリンクアイコンをチェックし、ダメージリバースの使用の有無を宣言する。

ダメージリバース

 リンクアイコンをチェックした後、自分ダメージゾーンにあるカードを1枚のみ裏向きにする事ができる。
 1枚裏向きにした場合、∀・Σ・Ωのいずれか任意のリンクアイコン1つを、先ほどチェックしたリンクアイコンに追加できる。
 複数枚裏向きにすることはできず、1度のリンクで必ず1枚までである。

 次に、ダメージリバースの使用の有無に関わらず、リンク条件のチェックを行う。

リンクの成功判定

 リンクフレームリンクアイコンと、ダメージリバースで追加したリンクアイコンを合わせ、『(自):リンクステップ開始時[リンク<数値>-<リンク条件>]<効果>』で指定されるリンク条件を満たすか比較する。
 比較した後、処理ゾーンにあるカード捨札に移動する。
 リンク条件リンクアイコンですべて満たしていた場合、リンク成功となる。

 リンクが成功していた場合、リンク成功時の効果を処理する。
 リンクが成功しなかった場合、リンク失敗となり、そのままダメージ判定ステップへと移る。

リンクの成功

 リンクの成功判定によりリンク条件を満たした場合、リンク成功となり、リンク成功時の効果を処理できる。
 複数回満たせていた場合、その分リンク成功時の効果を処理できる。
 複数回満たすためには、リンク条件を同時に複数回満たすようにリンクアイコンを得る必要がある。

 リンク成功時の効果は、一度に処理するのではなく、一つの処理を成功した分だけ順番に行う。

 リンク成功時の効果の処理が終わった場合、ストライクの上昇が行われる。

ストライクの上昇

 リンクが成功した場合、アタックしているプログレスストライクが+1される。
 これは成功の回数に関わらず、必ず+1である。

 ストライクの上昇の処理が行われたら、ダメージ判定ステップへと移動する。

アンジュ・ヴィエルジュ 総合ルール Ver. 1.0.1 引用

+ 12-1 リンク

関連項目