〈葵さくら〉

概要

 リンク成功時、プログレスアウェイクさせることのできる《一騎刀千 御影葵》《魔法少女 高峰さくら》を中心とするデッキ
 展開力が早く、開始わずか数ターンのうちに、1ターン中に10点を超える点数を与える展開を行う事ができたため、青蘭学園祭2014年春の大会で非常に高い使用率を誇った。
 その際立った強さから、初のコンビネーション制限を産み出したデッキでもある。

《一騎刀千 御影葵》
プログレスカード(コンビネーション制限カード:《覚醒 高峰さくら》)
レベル4/青/P10000/G4000/S1
【人間】/【武器】
リンクフレーム:なし
《常》あなたのターン中、このターンの間に他のあなたのプログレスのリンクが成功していたら、
このカードのリンクを+2。
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(7)-ΣΣΣΣΣ】あなたのプログレスを1枚選び、
アウェイクし、そのターン中、このカードのパワーを+5000し、そのターン中、選んだプログレスに
「《常》このカードはリンクできない。」を与える。

《魔法少女 高峰さくら》
プログレスカード
レベル4/青/P11000/G4000/S1
【人間】/【魔女】
リンクフレーム:なし
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(8)-3ΣΣ】
そのターン中、このカードのパワーを+3000し、
このターンの間にこのカードがレベル1以上のプログレスからシフトで登場していたら、
さらに あなたのプログレスを2枚選び、アウェイクし、
そのターン中、『《常》このカードはリンクできない。』を与える。

《覚醒 高峰さくら》
プログレスカード/ブースト(コンビネーション制限カード:《一騎刀千 御影葵》)
レベル5/青/P10000/G----/S2
【人間】/【魔女】
リンクフレーム:なし
《自》このカードがレベル2以上のプログレスからシフトで登場した時、
そのターン中、このカードのパワーを+3000し、ストライクを+1。
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(7)-3】あなたの青のプログレスが3枚以上いるなら、
そのターン中、このカードのパワーを+5000。

デッキ構築に関して

 《一騎刀千 御影葵》《魔法少女 高峰さくら》ブーストをはじめとするストライク2以上を与えられるプログレスを並べる事を意識した構築が大事となる。
 《中学生 高峰さくら》などのエナジーを軽減するカード《魔石を詠む者 オリヴィア》《強制召喚魔法陣》などの必須カードをサーチできるカードなどが考えられる。
 なお必ずしも《一騎刀千 御影葵》《魔法少女 高峰さくら》両方を採用するというわけではない。

プログレスカード


―中心となるカード

 どちらもリンク成功時に、プログレスアウェイクさせることができ、特に《覚醒 高峰さくら》をはじめとした絶対進化の切札たちで登場したブーストを持つプログレスとの相性は良い。
 2枚のみで自身のストライク2に加え、ストライク4+ストライク3の合計9点を与える事ができる。
 ただし《一騎刀千 御影葵》《覚醒 高峰さくら》とコンビネーション制限に指定されているため、別色のプログレスと組み合わせる必要があり、一方《魔法少女 高峰さくら》登場したターンのみしかアウェイクさせることができない点には注意が必要。

―レベル1のカード
 採用するプログレスリンク条件から、基本的に採用するフレームはΣ一択となる。

 登場時、それぞれデッキまたは捨札からレベル2のプログレスを自身のいるゾーンにフォールして置くことができる。
 手札を温存しつつエナジーを1枚浮かせる事ができ、さらに《中学生 高峰さくら》ならば2枚浮かせる事ができる。

 自身と他のプログレス1枚をフォールすることで任意のプログレスサーチできる。
 《一騎刀千 御影葵》《魔法少女 高峰さくら》などの必須カードだけでなく、1ターン目に《薔薇園の主 リゼリッタ》《誓いの女神 ユラ》サーチをすることで、展開の補助を行うこともできる。
 状況にあわせて適宜カードサーチしていきたい。

 Ωではあるものの、条件付きでエナジー1枚をアウェイクさせることができるため、採用する価値がある。
 1ターン目の展開の補助やアクションの使用、レベル2への無償でのシフトなど様々に活躍できる。

―レベル2のカード
 基本的にレベル4への中間点となるため、その補助を行えるカードを採用したい。

 どちらもレベル3以上のプログレスが存在する場合、レベルが+1となるリンク要求フレームがΣのプログレス
 《薔薇園の主 リゼリッタ》《誓いの女神 ユラ》からそのまま出せ、次のターンには《一騎刀千 御影葵》《魔法少女 高峰さくら》ブーストを並べることができる状況を作る事ができる。

―レベル3のカード
 展開の中でスキップされることが多く、採用されないことも多い。
 採用されたとしても、レベル2やレベル1を補うカードが採用される。

―レベル4のカード
 上記の《一騎刀千 御影葵》《魔法少女 高峰さくら》の他にも採用可能なカードが存在する。
 《羽ばたく片翼 レミエル》などΣを要求するプログレスを採用しても良い。

―レベル5のカード
 《一騎刀千 御影葵》《魔法少女 高峰さくら》アウェイクさせるため、それぞれと相性の良いものを採用したい。

 レベル2以上のプログレスからシフトで登場した場合、そのターンストライク+1となる。
 ストライクの上昇はそのターン中有効であるため、アウェイクさせてもストライク3で再度アタックできる。
 《一騎刀千 御影葵》とはコンビネーション制限であるため、別色のカードを選びたい。

 《一騎刀千 御影葵》がいる場合、ダメージリバースの制限がなくなる。
 ストライクの上昇はないが、その性質上確実にアタックを2回通すことが可能である。

アクションカード

 こちらもやはり展開の補助を行えるカードを採用していきたい。

 どちらも1エナジーで任意のカードサーチまたはサルベージできる。
 展開の中で余らせてしまったエナジーを無駄無く使用することも可能。

戦術

 速攻デッキであるイメージがあるが、無理に素早く展開をして展開する必要はなく、言ってしまえば負ける前に勝つことを心掛ければ良い。

 1ターン目は《薔薇園の主 リゼリッタ》《誓いの女神 ユラ》などから、なるべくエナジー軽減を図っていきたい。
 また手札の状況によっては、《魔石を詠む者 オリヴィア》を優先し、手札の質を求める必要もある。

 2ターン目は残っているプログレスゾーンの展開を優先し、次のターンへの準備を行う。
 デッキリメイクを早めるために、ここで《一騎刀千 御影葵》などを出してリンクするのも良い。

 3ターン目以降は、相手の展開を見つつ勝負を書けるタイミングを見極める。
 手札に複数枚のブーストを保持しているならば、相手手札を削る意味を含めて展開してみるのも良い。

デッキの種類・派生


〈レミエル採用型〉

 《羽ばたく片翼 レミエル》《覚醒 レミエル》を採用したもの。
 ブーストを多く採用するタイプのデッキであるため、無理なく採用ができる。
 特に《一騎刀千 御影葵》《覚醒 高峰さくら》を採用できないため、そこに採用するカードとして有効な選択肢となる。

弱点

 アタック回数を増やす、1ターンで大量のダメージを与えるなどの性質上、手札回復に関係無く戦うことができ、そのため目立った弱点がない。
 除去を使用されることで展開が遅れるため、そのリカバリーは手札に用意しておきたい。

デッキの変遷


2014/06/26

 青蘭学園祭2014年春の大会で非常に高い使用率を誇り、その際立った強さから《一騎刀千 御影葵》《覚醒 高峰さくら》が初のコンビネーション制限が指定される。
 《魔法少女 高峰さくら》《覚醒 高峰さくら》の組み合わせは残っているものの、《一騎刀千 御影葵》を採用する場合は、別のカードと組み合わせる必要がある。

代表的なカード


関連項目


コメント

名前: