※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アタックフェイズ

8-7a ターンプレイヤーは、相手に対してアタックを行うことができます。

アンジュ・ヴィエルジュ 総合ルール Ver.1.0.1 より

概要

 メインフェイズの次に訪れるターンプレイヤープログレスアタックを行うフェイズ。
 ゲームの中心となるフェイズの一つであり、ゲームの勝敗が決まるフェイズでもある。
 アタックは、以下の手順で行われる。

アタックの手順

  • アタック指定ステップ
 アタックするプログレスを決めるステップである。
 また、アタックフェイズの終了を選択するステップでもあり、ここからエンドフェイズへと進む。
 ここで選択したターンプレイヤープログレスが「アタックしているプログレス」、その正面にいる非ターンプレイヤープログレスが「アタックされたプログレス」となる。

 プログレスが「バトル中」となるのは『アタック指定ステップ〜アタック終了ステップ』までである。
 ただし、「アタックされたプログレス」が存在しない、つまり正面にプログレスが存在しない場合、「バトル中」にはならない。

  1. 自分のアウェイクしているプログレス1枚を選択する。
  2. 選択したプログレスフォールする。

  • ガードステップ
 非ターンプレイヤーが、手札を捨てて「アタックされたプログレス」のパワーを上昇させるステップである。
 捨てる手札は必ず「1枚ずつ」捨てる。

  1. ターンプレイヤー自分手札を1枚選んで捨てるか、捨てないかを選択する。
  2. 捨てた場合、捨てたカードガードポイントの値だけ「アタックされたプログレス」のパワーを増やし、能力の使用を判定し、1へ戻る。
  3. 捨てなかった場合、リンクステップへ進む。

  • リンクステップ
 主にアタックしているプログレスリンクを使用するステップである。
 「アタックされたプログレス」がいない場合、「アタックしているプログレス」はリンクを使用できない。
 リンクの処理に関してはリンクを参照。

  1. リンクステップ開始時」の誘発条件が発生し、リンクの使用の有無を選択する。
  2. リンクの処理を行う。
  3. ダメージ判定ステップへ進む。

  • ダメージ判定ステップ
 アタックの成功と、ダメージの処理を行うステップである。
 アタックが成功した場合、「アタックしているプログレス」のストライクの値に等しい値のダメージが発生する。
 ダメージが発生した時、リメイク処理を行う場合、ダメージとして処理ゾーンに移動したカードリジェクトの有無に関わらずリメイクに含まれない。

  1. アタックされたプログレスがいない場合、アタックしているプログレスのパワーがアタックされたプログレス以上の場合、アタック成功となる。
  2. アタックが成功した場合、非ターンプレイヤー山札の上から、アタックしているプログレスストライクの値に等しい枚数処理ゾーンに移動する。
  3. 処理ゾーンに移動したカードのうち、リンクフレームのないカードを非ターンプレイヤーダメージゾーンに、リンクフレームのあるカード捨札に移動する。
  4. アタック終了ステップへ進む。

  • アタック終了ステップ
 アタック終了時誘発条件と、「そのバトル中」が終わるステップである。

  1. アタック終了時」の誘発条件が発生する。
  2. そのバトル中」の持続効果が終了する。
  3. 処理すべき能力が残っている場合、1へ戻る。
  4. アタック指定ステップへ戻る。

アンジュ・ヴィエルジュ 総合ルール Ver.1.0.1 より

+アタックフェイズの進行
  1. アタックフェイズでは、ターンプレイヤーが任意の自分のプログレスを選び、これで相手に攻撃を行います。一定の条件を満たした場合、このプログレスは相手にダメージを与えます。ターンプレイヤーはアタックできるプログレスがいる限り、この手順を任意の回数繰り返すことができます。
  2. アタック指定ステップ
    1. ターンプレイヤーは、いずれかの自分のプログレスゾーンにあるアウェイクのプログレスを1枚選ぶか、アタックフェイズの終了を選択します。アタックフェイズの終了を選択した場合、エンドフェイズに進みます。
    2. 選んだプログレスをフォールします。これ以降、このプログレスが現在いるプログレスゾーンを離れるか、次のアタック終了ステップが終了するまで、このプログレスはアタックしているプログレスです。アタックしているプログレスの正面のプログレスゾーンにプログレスがいる場合、これ以降、その相手のプログレスは、現在いるプログレスゾーンを離れるか、次のアタック終了ステップが終了するまで、アタックされたプログレスです。
      1. アタックされたプログレスが存在する場合、これ以降、次のアタック終了ステップが終了するまで、‘バトル中’であるとみなされます。
    3. プロセスウィンドウを開始します。その終了後、次に進みます。
  3. ガードステップ
    1. アタックされたプログレスがいる場合、非ターンプレイヤーは自分の手札にあるカードを任意の枚数選んで捨ててガードを行うことができます。これは以下の手順で行います。
      1. 非ターンプレイヤーは自分の手札にあるカードを1枚捨てるか、パスをするかを選択します。カードを1枚捨てた場合、そのカードのガードポイントの値だけ、このバトルの終了時までアタックされたプログレスのパワーを増やします。
      2. プロセスウィンドウを開始します。その終了後、非ターンプレイヤーが1でパスを選択していた場合、リンクステップに移動します。そうでない場合、1に戻ります。
  4. リンクステップ
    1. リンクステップ開始時の誘発条件が発生します。
    2. プロセスウィンドウを開始します。その終了後、次に進みます。
  5. ダメージ判定ステップ
    1. この時点でアタックしているプログレスがいる場合、ダメージ判定を行います。
    2. アタックされたプログレスがいないか、アタックしているプログレスのパワーがアタックされたプログレスのパワー以上である場合、アタックが成功し、以下の処理を実行します。
      1. 非ターンプレイヤーの山札のカードを、アタックしているプログレスのストライクの値に等しい枚数、処理ゾーンに移動します。
      2. これにより移動したカードのうち、リンクフレームのないカードを非ターンプレイヤーのダメージゾーンに移動し、リンクフレームのあるカードを非ターンプレイヤーの捨札に移動します。リンクフレームのあるカードを捨札に移動する行動を‘リジェクト’と呼びます。
    3. プロセスウィンドウを開始します。その終了後、次に進みます。
  6. アタック終了ステップ
    1. ‘アタック終了時’の誘発条件が発生します。ただし、この誘発条件により誘発済みになるのは、このアタック終了ステップでまだ誘発済みになったことがない自動型能力のみです。
    2. プロセスウィンドウを開始します。その終了後、次に進みます。
    3. 期間が‘そのバトル中’である持続効果が終了します。
    4. この時点で、このアタック終了ステップ中にまだ誘発済みになっていない‘アタック終了時’誘発条件とする自動型能力があるか、かつ実行すべきゲームによる処理がある場合、このアタック終了ステップを最初から再び実行します。そうでない場合、アタック指定ステップに戻ります。

関連項目