リンク


概要

 ほとんどのプログレスが持つ自動型能力
 アンジュ・ヴィエルジュの基本となる能力であり、本ゲームのメイン能力である。
 カードテキストでは、『(自)リンク-リンクステップ開始時[リンク<数値>-<リンク条件>]<効果>』の書式で統一表記される。
 ただし、本Wikiでは『《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(<数値>)-<リンク条件>】<効果>』と表記している。

 リンクは、各カードによって使用タイミングが異なり、大別して以下に分けられる。



 リンクが成功した場合、リンク成功時のテキストを解決できる。
 また、山札を素早く捨札に送る事ができるため、リメイクを早めることもできる。
 基本的に失敗・成功に関わらず得られるメリットが大きいため、リンクを使用できる状況では、リンクを使用した方が良い。
 ただし、山札リンクフレームが高い比率で残ってる状況が予測される場合は、次のプログレスでのリンク成功や次の相手ターンでのリジェクトを期待して使用しない選択をする場合も有り得る。

  • リンクが成功した場合、次のバトル終了時またはターン終了時までルールとしてそのプログレスのストライクが+1される。
 1枚のプログレスにつき、ストライクの上昇は1ターンに1度のみであるため、両方のリンクを持つプログレスであっても、ルール上のストライク上昇値は最大で+1である。

リンクステップ開始時のリンクを持つカード

 自分ターンアタックフェイズリンクステップ時のみ使用できる。

 多くのカードパワーを上昇させる能力であり、やはりリンクは積極的に行うと良い。
 ただしアタックが完全にガードされてしまう場合には、無理に使用して次のプログレスのリンク成功を阻害してしまう事も考えられるため、使用しない選択することも多い。


メインフェイズ時のリンクを持つカード

 自分ターンメインフェイズ時であるならば、任意のタイミングで使用できる。
 リンクステップ開始時のリンクを持つカードに比べ、リンク枚数が少ない。
 メインフェイズ時にリンクできるため、アタック前にデッキリメイクを行ったりすることも可能となる。

 多くのカードが、リンクを持たない同様の効果を持つプログレスが存在する。
 それらに比べ、「他のあなたのプログレスを1枚フォールする」などの他のコストを持たない。
 比較すると、他のコストが払える状況であるならば、効果を確実に成功できない点で劣ってしまう。
 逆にそれらのコストが払えない状況であるならば、デッキの圧縮もできるため、優位に立てる。

ガードで捨札に置かれた時のリンクを持つカード

 相手ターンガードステップ時に、ガードで捨札に置いた時に使用できる。
 他のリンクに比べ、唯一相手ターンにリンクを使用できる。

 現在、ガードで捨札に置かれた時のリンクを持つカードは全てキーパーを持つ。

登場した時のリンクを持つカード

 自身が登場した時のみ使用できる。

アンジュ・ヴィエルジュ 総合ルール Ver. 1.0.1 引用

+ 12-1 リンク

関連項目