※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

禁止・制限カード/2016年12月01日


概要

 予定通りであれば、前回同様エピソード2が終わりエピソード3がスタートするタイミングでの更新予定であった。
 しかし早期に環境を健全化すべきとの判断から、前倒しでの更新となった。
 前回の規制は1枚のみであったが、急遽の改定ということで前々回以来の大幅規制となっている。
 大会で猛威を振るっていた〈紗夜〉への規制強化。
 一方で同じく大会上位に顔を出している〈美海〉に対しては直接的な影響は少ない。

  • 禁止カード
 《波の女神 リューネ》《永遠の後輩 佐久良舞衣菜》《希望の光 東条遥》の3種のカードが禁止カードに。
 《永遠の後輩 佐久良舞衣菜》は〈紗夜〉だけでなくΩ軸の〈美海〉にも採用されるほど青のデッキのキーカードとなっていた。
 加えるカードに制限がなく、デッキの安定性を大幅に向上させていた。
 《希望の光 東条遥》は〈紗夜〉にのみ使用されていた。
 確実に相手のダメージを稼ぐことができ、あらゆるガードや《異能相殺パラディウム》すらも無視できた。
 〈紗夜〉では《蒼月紗夜 シュートルミナス》で用意にプログレスをサーチできるため禁止カードにまで指定されている。
 《波の女神 リューネ》は特に大会で活躍が見られたわけではないが、今後の〈エルエル〉の強化に伴う規制であると思われる。

  • コンビネーション制限カード
 今回は1組4種の指定となった。
 《異能相殺パラディウム》《新生徒会長 日向美海》《学園祭 蒼月紗夜》《御影葵 刹那錬成》の4枚。
 明らかに〈紗夜〉に対する規制であり中でも《学園祭 蒼月紗夜》《御影葵 刹那錬成》のコンボに対する規制の意味合いが強いだろう。
 またこの2枚によって任意のレベル2のプログレスを確保できるため《新生徒会長 日向美海》も対象になっていると思われる。
 《異能相殺パラディウム》は大会上位の環境で2枚程採用されていることが多いカードである。
 プログレスのパワーが容易に20,000を超えるようになったため手札7枚では防ぎきれない1面を防ぎきることができるため採用されている。
 上記3種に加えてこのカードが選ばれている理由は不明であるが、デッキパワーの調整という意味合いが強いであろう。

  • 制限解除
 《リザレクト・ソング》が制限から解除された。
 《短期集中ブートキャンプ》の互換カードが各種に配られ、《リザレクト・ソング》を採用するデッキが減少したことが理由と考えられる。

禁止・制限カードリスト


禁止カード
カードナンバー カード名
プログレスカード
レベル1
B7-005 《永遠の後輩 佐久良舞衣菜》
B7-007 《新学期 日向美海》
B7-033 《新学期 ソフィーナ》
S6-006 《勇気を刻む マユカ・サナギ》
B8-034 《愛されし少女 リュミエール》
B8-061 《愛ある技師 エルセア=エコルダ》
レベル3
B4-077 《波の女神 リューネ》
B6-110 《軍師 ミギリ・ヴェザルス》
B7-091 《精神の簒奪者 スレイ・ティルダイン》
レベル4
B7-092 《アーンヴァリウス スレイ・ティルダイン》
B8-094 《シュッツ・リッタ ルルーナ・ゼンディア》
E2-010 《希望の光 東条遥》
レベル5
B3-005 《覚醒 高峰さくら》
B3-056 《覚醒 ロザリー》
B3-065 《覚醒 アーシア》
B3-113 《覚醒 コードΣ44メニル》
B5-101 《覚醒 マユカ・サナギ》
アクションカード
E2-066 《自動ベッド作成装置》
エクシードカード
なし

制限カード
カードナンバー カード名
プログレスカード
レベル1
B3-048 《薔薇園の主 リゼリッタ》
アクションカード
B1-030 《猫の恩返し》
B8-020 《運命の試験週間》
エクシードカード
なし

コンビネーション制限カード
カードナンバー カード名
1
B8-059 《ウンディーネ・ドレス》
B4-025 《仲良し姉妹 双木麻耶》
2
B8-029 《海を統べる魔王 メルビナ》
B9-023 《流星の魔女 アビー》
3
B10-099 《異能相殺パラディウム》
B12-010 《新生徒会長 日向美海》
B13-003 《学園祭 蒼月紗夜》
B13-021 《御影葵 刹那錬成》

関連項目