〈ユニゾン〉

概要

 キーワード能力ユニゾン」を中心としたデッキ
 《タイプHU-50ニナ お裁縫モード》による確実な展開とストライク上昇を中心とし構築する。

《タイプHU-50ニナ お裁縫モード》
プログレスカード
レベル4/白/P9000/G4000/S1
【アンドロイド】/【メイド】
リンクフレーム:なし
《自》ユニゾン(登場時、あなたの手札が3枚以下なら山札を見て
これと同名のカードを3枚まで選び手札に加え、山札をシャッフルする。)
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(9)-ΩΩΩΩΩ】
そのターン中、このカードのパワーを+7000。
あなたの『ユニゾン』を持つプログレスを1枚選び、
そのターン中、ストライクを+1。

デッキ構築に関して

 《タイプHU-50ニナ お裁縫モード》のリンク要求値が全てΩであるため、〈Ω単〉に近い構築となる。
 如何にしてレベル4が展開できるタイミングまでに手札を減らせるかが重要であるため、手札を使いつつ強力な動きが可能なカードを多く採用する。

プログレスカード


―中心となるカード

 リンク成功時に、ユニゾン1体のストライクを+1させることができる。
 ユニゾンと合わせ、このこのカードをなるべく多く展開し高ストライクを確実に叩き込みたい。

―ユニゾンを持つカード

 特に追加効果を持たないリンクバニラである。
 しかし、《タイプHU-50ニナ お裁縫モード》と同じリンク要求値がΩである唯一のプログレスである。
 そのため、〈白ユニゾン〉を構築する場合にはこのカードの採用は必須となる。

 バーン効果を持つ。
 結果的には《タイプHU-50ニナ お裁縫モード》とほぼ同様のダメージを産み出すが、パワー上昇値が最大14000までと心もとない。
 よってこちらは「ルビー」であることを利用していきたい。

 自身のプログレス2体の位置を入れ替える能力を持つ。
 《タイプHU-50ニナ お裁縫モード》の能力はユニゾンを持つプログレスに自由にストライク上昇を与える事ができるため、あまり恩恵はない。
 しかし、ユニゾンの元々のパワーが低いためうまく使えばガード値を弄ることができるかもしれない。

―レベル1のカード
 基本的には全てΩであることが望ましい。
 手札を多く使い展開を行うことも考えると、エナジーを再利用できるものを採用していきたい。

 手札1枚を捨てることでレベル4の白のプログレスエナジー1枚で登場させることができる。
 場が全てプログレスである必要があるものの、手札1枚を捨ててユニゾンを出せるため、ユニゾンを起動させやすい。

 自身を手札から捨てるだけでエナジー1枚をアウェイクできる。
 エナジーの状態に関わらず1エナジーを発生でき、手札を減らす事ができる。
 ただし使用するためにはレベル0が2体以上必要であるため、採用し過ぎは禁物である。

 手札1枚を捨てることでエナジー1枚をアウェイクできる。
 このカードを出す必要があるが、そのまま《リザレクト・ソング》に繋ぐ事ができる点で強力。
 《オペレーター システムNP=ゼシカ》から《リザレクト・ソング》に繋げるだけで手札4枚を減らすため、決まればほぼ確実にユニゾンを発動できる。

 デッキトップ4枚から任意のプログレスサーチできる。
 《アブソリューティア ミギリ・ヴェザルス》と異なり、任意のプログレスを選ぶことができる上に、手札を増やさないという選択肢を取る事もできる。
 ただし、既にユニゾンがある状態で起動すると、誤ってサーチ先のユニゾンを落としてしまう可能性があるため注意が必要である。

―レベル2のカード
 素早くユニゾンを展開するため、その補助を行えるカードを採用したい。

 どちらもレベル4のプログレスサーチできる。
 レベル4にしか採用していないのであるならば、《コードΩ55ペネル フォワードモード》でよい。
 一方別の色のユニゾンを採用しているのであれば、《タイプHU-50ニナ お昼寝モード》を選択することになる。

―レベル3のカード

 レベル0が2体以上いれば、手札1枚を捨てることでユニゾンを出せる。
 しかし条件が厄介であり、普通に展開しただけではユニゾンを出すタイミングで手札を3枚以下にできない。
 無理に手札を減らそうにも展開してしまえばレベル0が2体以上という制限にかかり、ユニゾンを出せなくなってしまう。
 そのため、このカードを無理に使う必要はなく、レベル1のプログレスを展開し、《防衛ロボ コードΩ22スプレ》から出した方が懸命である。

―レベル4のカード
 基本的にユニゾンがレベル4であるため、それ以外は採用しなくても問題ない。
 更に言えば通常のデッキと異なりユニゾンが起動できれば複数のレベル4が確保できるため、多くレベル4を採用する必要がない。

―レベル5のカード
 高ストライク《タイプHU-50ニナ お裁縫モード》で確保できているため無理に採用する必要はない。

アクションカード

 展開の補助となるものの他に、打点不足を補えるものを採用するのが望ましい。

 もともと強力なカードであるが、《オペレーター システムNP=ゼシカ》で述べたように、非常に相性が良い。
 手札を4枚使用するものの、ユニゾンで最大3枚まで手札を回復できるため、積極的に狙って行きたい。


 白のプログレス1体のパワーを毎ターン+3000できる。
 これにより《タイプHU-50ニナ お裁縫モード》のパワーが19000となり11000のプログレスや《ジャッジメンティス リーナ=リナーシタ》などに対抗できる。

戦術

 まずは手札を減らす事を考える。
 通常のデッキの基本である、手札を増やす、質を上げる動きとは異なる動きとなるため慣れが必要である。
 手札を減らした後はユニゾンで素早く確実にレベル4を展開して勝負を決めたい。

 またユニゾンをうまく使ってデッキの中身の把握と圧縮を行うことでアタックの最適解を求めることも重要である。


弱点

 ユニゾンの性質として、ダメージエナジーユニゾンが落ちた場合、非常に性能が落ちる。
 なるべく早いタイミングで一回目のユニゾンを起動して確実に2〜3枚のサーチを行いたい。


代表的なカード


関連項目


コメント

名前: