九章:画面遷移を行う


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これまで単一の画面(Activity)だけでアプリケーションを動作させてきたが、
開発が進んでくると複数のActivityを用いてアプリケーションを動作させたいという
場面が出てくるかもしれない。

そんなときの為に予め簡単な画面遷移のやり方を覚えておくと多少は役に立つと思う。

とりあえずプロジェクトを作成しておく。

+ 準備

+ 遷移元のプログラミング

+ 遷移元側の解説

+ 移動先のプログラミング

+ 遷移先の解説