※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

痩せられない原因には理由がありますので正しいダイエットで痩せ方を間違えないようにする日記ブログ
IndexText: 痩せられない原因には理由があります。ね、その一つとして停滞期があります。
停滞期が来たら、まずはダイエットが順調に進んでいる証拠だと考えるようにしてください。停滞期に入って体重が減らなくなると、精神的な負担が大きくなりがちです。

自分に何らかの問題があったためにダイエットが順調に進んでいないのではないかと考える方もいるようです。間食にクッキーを1枚食べたのが良くなかったのか、昨日のカロリー摂取が多かったのかとぐずぐず後悔するのは逆効果です。どうにかして体重を減らそうと限界までカロリー摂取を減らしたりきつい運動を続けて体を悪くしては大事です。

しばらく体重が減れば、その後は停滞期になるものだというつもりで、自分のペースでダイエットをしましょう。停滞期の期間には個人差がありますが、1ヶ月~2ヶ月で終了します。必ず終わることを信じて、今の期間を耐え抜いてください。毎日体重を量ってグラフ化することも効果的です。数値化すると停滞期はかなりはっきりとわかります。

数値にしたデータで全体像が見えやすくなると、ちょっとした変化に振り回されづらくなります。ダイエットをテーマにしたブログがインターネットではありますので、それを見て自分を元気づけるというのもいいようです。停滞期で気持ちがぐらついたり辛さに堪えきれなくなった時は、ダイエットを始めたばかりの気持ちを思いだしてください。


近年では健康指向が強まっており、健康ダイエットが注目されつつあります。多様なダイエット方法がブームを巻き起こし、しばらくしてから消え去ります。摂取カロリーの改善や有酸素運動が健康的なダイエット運動では重要で、特に注目すべきは食事です。おやつを控えめにするなど、過剰なエネルギー分を抑えることから無理のないように始めましょう。

痩せるダイエット方法の中には一品の食事をとり続けるものもありますが、栄養面で問題が起きがちです。健康の面から見たら、あまりお勧めできないダイエットとも言えます。一度の食事を一回分のダイエット食品にするというダイエット方法は、すぐに体重が減るといいます。しかし、食事を元の内容に戻した途端、以前の体重にリバウンドしてしまうことも多く、一過性のダイエットに終わってしまいがちです。ダイエットは目指す体重や体型をキープできなければ意味がありません。リバウンドはダイエットの意味がなく、健康にも悪影響ばかりですので、基礎代謝を上げる必要があります

ダイエットサプリメントは含有成分に注意をしなければなりません。海外で製造販売されているダイエットサプリを使ったために、健康を損ねたという例もあります。スピードダイエットを標榜している会社もありますが、健康面から考えるならダイエットは少しずつ効果が出ることが望ましいようです。特に、摂取カロリーの見直しで行うダイエットでは、1カ月に2kg以上の減量をしない方が健康のためです。

ダイエットをしている人には、足を細くするや肥満解消などと内臓脂肪を減らすためという方もいます。生活習慣病とメタボリック症候群の関係がクローズアップされ、食生活の偏りや体を動かさない生活で内臓脂肪が増加することがわかってきたからです。内臓脂肪がついた状態がメタボリックシンドロームという症状に近いという印象を、多くの人が持つようになったといいます。

そのため、ダイエットによって内臓脂肪の燃焼を目指すという方も多くなっています。どのような理由で、内臓脂肪は危険視されているでしょう。体内の内臓脂肪が増加すと、高脂血症や高血圧といった血中に脂質が溶け出す症状が起きやすく、動脈硬化などを引き起こすためです。悪玉成分が内臓脂肪にいるという事実も重視されています。体内の血糖値を一定に留めるため必要なインスリンが、内臓脂肪のために出にくくなります。

インスリンの作用が十分でないと、生活習慣病では糖尿病などがなりにくくなるようです。内臓脂肪が増加すると血栓ができやすくなり、脳梗塞リスクも高いものとなってしまいます。健康を考えると、内臓脂肪の増加は体にいいことはありません。内臓脂肪ダイエットで徹底してエネルギーを燃やし、痩せたいという人が多いのはこのためです。

内臓脂肪ダイエットをすることで、かつては運動をしていたけれど中断している人や、生活や食事のリズムに改善の余地があるという人のダイエット効果が期待できます。